その他のアニメ・コミック感想など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強殖装甲ガイバー」31巻を購入♪(ネタバレ注意)

先月末に無事新刊を購入できました。≪その後追記あり≫
ただ、今回はあまり進展がなかったし、当初個人的なひっかかり等
もあって、わざわざ感想書くまでもないかな~って思ってしまって・・。

とりあえず、今後の展開予想込みでつらつらと書いておきます。
≪↓↓↓≫

スポンサーサイト

「宇宙戦艦ヤマト2199」ついに最終話。

始まった当初は、だいぶ旧作と違っていて、どうなることかと
思っていたけれど・・。

スターシャに妹がもう一人とか‥、イスカンダルとガミラスの
関係性とか‥。

ガミラス人が割と普通に人間してるのが意外だったかな。

何よりデスラーのキャラが‥報われない恋心ゆえの‥統治者に
あるまじき暴挙に走った挙句のあの最期ってのが・・・(旧作から
彼のファンだった人達はどう思うのかな~って感じ‥?)。

コスモリバースシステムに関しては、いまいち???だったけど。

あれは、人の魂だか、想念エネルギーが大元になっていて、最初は
システムのコアは古代守だったけど、彼は弟の為に、雪の生命を
復活させるのに、自分の存在維持に必要なエネルギーの大半を使い、
消滅・・・寸前に亡くなった沖田艦長の魂がシステムを引き継ぎ、
再起動・・・って解釈でいいんでしょうかね?

あくまで私個人の勝手な解釈にすぎませんが、まあ、そんな風に
考えると、愛しい人の魂を手離したくなかったスターシャの逡巡も
わかる気がするし。


全体的にストーリィの辻褄は、上手い具合にまとめてあって、
さらに、旧作を多少は知る者として、宮川さんの音楽とか、
これだけはハズしてほしくなかったポイントは、だいたいちゃんと
押さえてあったから、まあいいんじゃないのかなあ‥。

さすが出渕さん、上手くまとめてくれて、有難うと言いたいです。(#^.^#)

「強殖装甲ガイバー」30巻を購入♪(ネタバレ注意)

(その後、追記&改訂あり)
誕生28周年だそうで、ホント月日の経つのは、早いな~としみじみ・・。

それにしても、顎人の心境の変化には、ややビックリ‥ですね。
28巻ラストで巨大化したガイバーエクシードから、何のデータを転送
されたのか? 
絶対的な力の信奉者でしかなかった男が、ああまで変わるとは・・。
どうも単純に力の差を思い知ったからだけではなさそうです。

一方の瀬川兄妹の方は‥どうみてもシラー島の神殿と思ったら
やっぱり‥で、ジャングルでの野宿生活を経て、アポルオンに再び
遭遇し、神殿脇に用意されたコテージへ。
そしたら、中には、御君の寝姿が・・♪(長くなったので追記へ)


「スキップ・ビート!」33巻を購入♪

このところ恒例の表紙のオビ企画は・・なんか今回ばかりは
激しくハズし気味な感じが・・。(^^;

肝心の中身の方は・・・ヒロイン京子ちゃんと蓮の芝居絡みの
駆け引き‥もとい複雑な恋模様がなかなか面白い展開に
なっていて、「俄然目が離せません」てな感じ♪

さらに勘違い少女による蓮へのミーハーアタックやら、蓮の様子
見にあの御方まで乱入してきて、ますますスリリングな展開に!


個人的には、撮影スタッフの中で、唯一(カイン=蓮である)
事情を知っている監督が、蓮の首筋に付いているキスマークの
ことを聞くに聞けないで、一人悶々とする有り様が一番ツボでした♪

あと、京子ちゃんが心理的に崖っぷち状態で、その有様が
リアル描写されてるシーンや朝食作りながら、いろいろ笑える
妄想を繰り広げてたりするシーンとか♪

そして、とうとう禁断の箱の鍵がすべて壊れて、蓋が全開に!
それでも必死で昔の自分に戻ることを押し留めようとするあたり
がなんとも切ないし、可愛いかったりする。

一方、そんな京子の葛藤を知らない蓮に、カインの演技のまま
突然抱きしめられ、セツカの仮面がはずれた姿をボスに見られ、
京子ちゃん大ピンチ。(>_<)

次回もめっちゃ楽しみです。(^^)

萌え要素急上昇♪ ヴァルヴレイヴ第7話の感想

設定は面白そうでもキャラの魅力がいまいちで正直見続けようか
どうしようか悩んでいたんですよね、先週までは・・・。

しっかし、今回とうとう萌え~~~な要素が♪
≪↓↓↓≫ 以下、ネタバレ注意です。


2013年今春スタートのアニメ

今春スタートのアニメ、うちの方ではノイタミナ枠の「刀語」と「ヤマト2199」
「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」ぐらいしかやってなくて・・。

「血液型くん!」「革命機ヴァルヴレイヴ」などは、ネット配信のを見ています。

「血液型くん!」はキャストがまんまご本人の血液型と連動してて笑えます。
個人的には、O型が石田さんなのが萌え。(笑)
石田さんによる怒涛の超高速早口言葉がなんとも・・。


で、今のとこ、注目してるのは、「革命機ヴァルヴレイヴ」かな。
現在、2話見たところです。

主人公はごくふつーでちとキャラ的に弱い気がするけど、
いきなり≪人間やめますか?≫なところがねぇ・・・なにやら、当初から
ガイバーみたく鬼畜な香りが濃厚で・・。
その後、第1話のラストで、もうあんなことになってるし・・。

2話目の展開もまあまあな感じ。
ラストが再びご愁傷様なことになってるのが・・これはもうお約束って
いうのかな・・もう元には戻れない・・の世界がなんとも。(ため息)


「マジェスティックプリンス」の方は、キャラデザが平井氏ってだけで、
確かにキャラは可愛いのだけど、ストーリィ的にはうう~んなのよね。

「刀語」は、原作が「化物語」の西尾氏なので、話的には面白いかな。
けっこう、「偽物語」も好きだったし。


そういえば、もう終わってしまったけど、「サイコパス」の後半の方の
ED曲がとても好きでした♪

花の詩女 ゴティックメードの感想…ちら見せの妙味♪

とにかく「FSS」とは20年以上に及ぶ長い付き合いだし、
年末の多忙期ではあるけれど、見ておいた方がいいかなと思い、
鑑賞してきました。血液型ブログと共通です。
(映画の感想と永野氏のホロスコープ観となってます)
≪↓↓↓≫

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。