「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

第36話:アスラン離脱でドミニオン化必至のミネルバ。タリア→第2のナタルか?!

2005/06/27(月)(その後最終改訂♪
議長の真意を知り、ついにアスラン、ザフトから脱走。ミーアやメイリンと
いった可憐な女の子が危険を顧みずアスランのために奔走してくれたのが、
実に良かったし、アスランの立ち回りもとても格好良くて、おおいに
萌えちゃいました♪(*^.^*)

一方で、議長の提示した理想社会というのが、なんとも前時代的でお粗末な
独裁者の構想にすぎなくて、こちらは激しく萎え~!( ̄_ ̄|||)

アスランが離れることで、どうもミネルバは今後、前作のドミニオンのような
役割に移行し、艦長のタリアさんはナタルさんのポジションになりそうです。

以前、ほんのチラッと出てきたタリアさんのシャワーシーンを見て、何気に
ナタルさんを連想したことがありましたけど、・・シンのフレイ化といい、
まさか本当にこういう展開になるとは思いませんでした。
≪↓↓↓≫

ちょっとお遊び★36話タイトルの腐女子的正しい解釈♪

アスラン脱腸(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

全国の腐女子の脳内妄想にて酷使されすぎ、ついに脱腸
(・・・違うって・・・爆)

意味がわからない人・・あなたは正常です。どうかそのままでいてください。

大爆笑しちゃったあなた・・お仲間ですね。ちーん Ωヽ(-"-;)南無南無。。。
もう引き返せないところまできてしまったのなら、このうえは“毒を喰らわば
皿まで”との石田氏のお言葉どうり、801道を邁進してまいりましょう♪

でもホント、このタイトルを聞いたときには、これで同人誌でひとしきり
弄ばれるに違いない・・とか思ってしまいました。ププッ ( ̄m ̄*)

こんなお下劣なネタを思いつくのは私ぐらいでしょうか?(>ω<)いやーん


その後、TBをいただき、他のブログを見回してみたら、どちらかというと
“アスラン脱毛”の方がポピュラーだったことに気がつきました。(^^;

・・ああ、確かに・・彼っておデコがけっこう広くて、前からなんとなく
≪デコっぱち美少年≫だなって、思ってたんですよね。(^^ゞ

ただ私の場合、それって以前好きだった「鉄人28号FX」の薄幸の美少年
フランケン・シュタイナー(=彼も異常におデコが広かった・・)を偲ばせる
共通項だし、
《 広いおデコ → 天才科学者のクローン → 秀才の証 》みたいなもので、
あまりマイナスイメージとして捉えてないんですよね。=^-^=うふっ♪

「強殖装甲ガイバー」WOWOWにてアニメ化♪ということで関連情報。

2005/06/24(金)
4047136395.09.TZZZZZZZ.jpg

強殖装甲ガイバー 22 角川コミックス・エース 高屋良樹 (著)

知る人ぞ知る~日本国内よりむしろアメリカの方で人気の高い作品~
なんですよね。実際、日米合作で2度も映画化されています。
スパイダーマンやエイリアンみたいなノリで、日本だと仮面ライダーに
近いかな。

管理人は、かれこれ14年ほど前から、この作品の村上征樹というキャラに
ハマってしまったがために、茨道を余儀なくされておりまする。(^^;
ここ半年ほどは、アスランのお陰でプチ浮気モードだけど・・。(苦笑)

ちなみに主人公のガイバーIこと深町晶は、内気でナイーブな母性本能
くすぐるタイプの子です。幼なじみの女の子に告白もできずにいる…
ごく平凡な悩み多き高校生。

一方のガイバーIIIこと巻島顎人は、エリートタイプのクールな野心家。
己れの野心を巧妙に隠蔽しつつ、晶達を上手く利用してゆきます。

ストーリィの概要は、WOWOW ONLINEのアニメ→ガイバーページにて、
公式サイトとあわせて紹介されてます。シリアスでリアリティ溢れる
人間ドラマとアクションバトルを堪能したい方にはお勧め♪(^^)

キャストは、深町晶役が野島健児さん=野島昭生氏の息子で、「種デス」
のユウナ・ロマ・セイランや「十二国記」の夕暉(せっき)役だった方。

巻島顎人役が小西克幸さん=「勇者王ガオガイガー」のボルフォッグや
「LOVELESS」の我妻草灯をやってる方だそうです。



・・えっと、WOWOW ONLINEによりますと、
本放送開始が、【8月6日(土)午後7:00スタート!】

それに先駆けて、“無料放送枠”で、7月3日(日)午後7:25から直前SP番組
放送決定!(※BS機器を持ってる人なら誰でも視聴可)
原作者・高屋良樹先生のインタビュー、主人公・深町晶役の野島健児さん
へのインタビュー、テーマ曲の紹介など等、
「ガイバー」アニメ情報満載のスペシャル番組だそうです。


また、『WOWOW/少年エース/ニュータイプ合同特別試写会』
(第1話・2話上映)が行われます。
7月24日(日) 14:00から 会場は東京・千代田放送会館

応募は、WOWOW ONLINEのアニメ→ガイバーページから。
締切は7月10日(日)24:00
興味のある方、ご都合のよろしい方はぜひ応募しませふ♪


上のとは別個に、第1話の『特別ブロードバンド試写会』も開催される
そうです。
ニフティやビッグローブ、OCNなどWOWOW GENETICS配信事業者を通じて
の配信。
応募受付期間:6月15日(水)~7月15日(金) 配信日:7月25日(月)~31日(日)
配信動画形式:Windows Media 9
こちらも視聴可能な環境にある方は、ぜひご応募くださいね。(^^)

第35話:混沌の先に…ダークな笑みを見せる議長と選択を迫られるアスラン。

2005/06/21(火)(改訂済み♪)
アバン・タイトル(導入部分)は、前回の戦闘の結末から・・。
再び響き渡るアスランの絶叫。
大貫氏の作画だとアスランの顔があまりに美麗で、つい見とれてしまい
ましたね。。。(*^.^*)

ザフトのMSが海中を探索するも、AAは取り逃がした模様・・との報告
を受け、心持ち安堵の表情を見せるタリアさん。降伏勧告といい、やっぱ
この方は、AAを逃がすつもりでいたらしい。。。
≪↓↓↓≫

ガビーン! 銀歯がとれた・・・!!( ̄□ ̄;)

今日は、休日ということもあってはりきって種デスの感想を書くつもりが・・
いきなり、上記の有り様で、急遽歯医者行きと相成りました・・・。(>ω<)

感想…今日中に上げられればいいのですけど…。(/_;)/~~


先週の悲痛な叫びから、一週間・・・。

当初は、おもわず
「姫! どうかお気を確かに・・・!」
って、言いそうになったけど・・(苦笑)

アスラン、意外とまともだったので、ホッとしています。(^^;
多少激昂するシーンもあったけど、あの程度なら誰でもやらかす範疇だし、
私的には、全然オッケーだったりして♪(^^)d

第34話:悪夢…シンの暴走&生殺しのアスラン…そして御乱心?!

2005/06/12(日)(その後、大幅改訂)
どもどもお久しぶりでございます。(^^; ここ数週間、休日のたびにずっと
夏に向けて冬物の洗濯&お片づけに励んでおりました。
やっとあらかた終わったので、再度少しばかり感想書きたいと思います。
(休んでた前回、前々回の分も一応UPしました)

議長の回想に満ちた29話の段階で、全体を通しての主役はやはり、キラだ
と確信した時点で、シンの役どころは、おそらく前作のフレイのような…
戦争被害者の筆頭かな?と思っていたところ、本当にそのとうりというか、
あのラストの・・以前フレイがキラを寝取った後の時のような・・
実に不毛で凄惨な笑い方に、ちょっとかなり絶句です。(×_×;)
≪↓↓↓≫

第33話:動き出した議長の陰謀。

2005/06/10(金)(かなり遅れてUP…)
冒頭、北方の氷と雪に閉ざされた湖にステラの亡骸を沈めるシン。
約束を守れなくてゴメン・・・と何度も謝りながら・・・。
描かれた光景そのものは、美しくもの悲しくも胸に迫るシーンでは
ありました。ただ、その後に何が何でも打倒キラへ向かわせようという、
スタッフによる、明確なヤラセ的筋書きがなければ・・・
≪↓↓↓≫

第32話:ステラ・・可哀相だよステラ・・・

2005/06/08(水)(かなり遅れてUP…)
放映時には、すっかり脱力して書く気力を亡くしてしまったので、
かなり時間を置いてのUPです。

とにかく、ステラの死すら、シンVSキラ対決へ持ち込むための材料に
してしまったスタッフに激しい怒りを感じたので、とても素直に
泣く気にはなれませんでした。

全国の腐女子から金を搾り取るだけでなく、こんな見え透いた茶番劇で
涙まで搾り取ろうというのか、F夫妻よ?!

・・なんかそう思ったら、意地でも泣く気が失せました・・
≪↓↓↓≫

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ