「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川の小説版:種デス5巻を読んで。

2006/04/27(木)(最終改訂:04/29


やっと角川書店から小説版の種デスの最終巻(5巻)が発売されました。
早速買って読んだんですけど、全体的に本編では描ききれてなかった
各キャラの心情がよくわかる内容でした。

以下、ねたバレを含みますので、未読の方はご注意くださいませ。
≪↓↓↓≫

スポンサーサイト

「国家の品格」の思想を活かすには。

2006/04/13(木)(最終改訂:04/15
先日に引き続き、自己流・感想と考察第2段です。(^^)
この本を読んで、ただ漠然と日本人に生まれて良かったとか、
漠然と優越感に浸って‥それでおしまいにしていたら、何もならないと
思います。

また、間違っても字面だけ追って、日本万歳!武士道万歳!などと解釈
するのも誤りです。
当り障りのない、穏やかな言葉で語っていたら、間に合わなくなるかも
しれない! この国がすっかりダメになってしまわぬうちに‥との切実な
思いから、反発がおこるのも承知の上で、かなり大げさとも過激とも
いえる言葉をあえて使われているのでしょう。
私達は筆者のそうした思いを汲み取って、大仰な言葉の奥にある“本質”
を読みとらなければなりません。

特に、現代の日本社会においては、まず多くの人の陥りやすい勘違い
から正してゆかないといけないと思います。
≪↓↓↓≫

「国家の品格」を読んで、日本の漫画の凄さを知る。

2006/04/10(月)(最終改訂:04/11



先日、新聞やTVのニュース番組でも話題となっていたのを書店で見つけ、
なんとなく立ち読みしてみたら、ホントに凄いことが書いてあったので
おもわず買ってしまいました。(^^)

その前に「バカの壁」という、この書と同じく大ベストセラーになって
いる解剖学の先生の書かれた本も立ち読みしてみたのですが、
そちらは少々文章が難解でインテリ派の男性の方ならともかく、女性には
ちょっとわかりづらいな~という印象だったんですよね。(^^;

ところが、この本はさすがに数学の先生だけあって、非常に理路整然と
わかりやすく書かれてあって、内容も大変興味深かったです。

これを読んでふと思ったのが、中国の人だったか、日本人は嫌いだけど、
日本の漫画やアニメは大好きという人の話を聞いて~???と
思ったのが、その謎が解けた気がしました。(苦笑)
≪↓↓↓≫

ビデオ買い替え騒動~ヤモリちゃんとナルニア国と。

2006/04/06(木)
「FINAL PLUS ~選ばれた未来~」
アマゾンで買って、一応は見たんですけどね。なんかいろいろあって、
感想書き出せずにいます。(^^;

小説の5巻も早速買って読みました。全体的にいい感じで補完されてた
けど、ただラストシーンが若干不満でしたね。

―― メサイアでキラ達がレイを置き去りにしてしまうところ。
議長を撃ったことで、彼が議長とは違う未来を選択したのは明らかなので、
残された時間が少ないにしろ、できれば生きられるとこまで生きてほし
かったです。‥ていうか、タリアさんが何と言おうと、一応は本人の意思
を確認してから放置するのが筋だろうと思ったのだけど‥。


―― キラ様のご意向に絶対服従なアスランがちと悲しかったです ――

なんかそういう風にしか受け取れないですよね、あれじゃあ‥。(;;)
少し前に読んだキラアスの同人本の方がよほどましな解釈をされてて、
ああ、なるほどっていうか、素直に納得できました。

その他読んでるもの・・「バカの壁」難しいけど続編と合わせてちまちま
読んでます。解剖学の先生の本、男性の方の思考回路は難解すぎて厄介
だな~と思いつつ‥。

新番組ではエウレカと同じBONESの作品「獣王星」に期待してます♪
こっちでは残念ながら見れないけど。原作者は少女漫画界で大ファンの
樹なつみさんvvv この方の作品は私的にほとんどハズレがないので
大好きです。(*^.^*)

それと3月上旬、いきなりビデオデッキがテープを道連れにご臨終‥。
以下、その前後の騒動と映画ナルニア国の感想を少々。
≪↓↓↓≫

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。