「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「腐女子彼女。」という本を読んだ。

「腐女子彼女。」
電車男の逆バージョンで、彼女の方がオタクだという内容。
オタクでない彼氏の反応がおかしくて笑える。ププッ ( ̄m ̄*)

特に、彼女がオタクであるかどうか、チェックする方法というのが
書いてあって、これがまた実に的を射てて大爆笑。(≧∇≦)

彼女の影響のもと、ついには種小説まで書くハメになったとか。
あと、エヴァンゲリオンの碇シンジ少年を初めて見て、瞬く間に
「彼は受け」だと判定しちゃう下りにも・・。(爆)

とにかく、日々オタクな彼女とそれに巻き込まれまいと抗う彼との
闘いが延々綴られててマジ面白い。(^v^)
≪↓↓↓≫
スポンサーサイト

DVD-スペエデ最終巻とギアス1巻を見ました。

種デスのスペエデ完結編は、ホント最初から最後まで、なんだかな~って
内容でしたね。

もう端折りに端折り過ぎてて、何が何やら・・。
本編見た人間ですら、ちっとも感動できない味気なさ。(苦笑)

ラスト、少しだけ書き足されてたオーブの慰霊碑の前でのやりとりだけ
かな? ちょっとだけ感慨深かったのって。(^^;
(平井画のシンちゃんは、やっぱかわゆいvv)

大体、これの前の3巻目を見た際に、言いたいことはひととおり言い尽く
したので、とりあえず、もう今回はカンタンにこれだけにしとこっと。


あと、少し前に買ったコードギアスの第1巻を見た。
・・こっちのがやっぱ何倍も面白かった。ちょうどDVD壊れてた頃だっ
たから、リアルタイムで一度しか見てなかったので、改めて見直してみて、
最初から随分と伏線が散りばめてあったんだと実感。
ホント、スタッフのこだわり方が凄いのがよくわかる作品だと思う。

そういえば、初回特典。紙媒体の方は良かったんだけど、CDのおまけ
はね・・。
せっかく、わざわざ声優さんにお出まし願うのなら、もっと面白いこと
をやってほしかったな。

ルル役とスザク役の人、二人でお互いの役を交換し、なおかつオカマ言葉
でしゃべるとか。(笑)(なんか、その昔某イベントでやってたらしい‥)

または、罰ゲームでメイド姿となり、1日中、スザクにご主人様呼ばわり
を強要され、お茶を入れさせられたり、お風呂で背中を流させられるルル
とかやってくれたら、激萌え~なんだけど。(爆)

うん、誰か書いてくれないかな、こんな小説。(笑)

映画「どろろ」の感想

またまたレディースディを利用して、仕事帰りに見ちゃいました。
原作は巨匠・手塚治虫。
はるか大昔、モノクロのアニメを少しだけ見た記憶が‥。
両の腕を刃と化し、阿修羅のごとく戦う姿が物凄く印象的で‥。
実の父親に野望の道具にされ、体を魔物に奪われた挙句、捨てられて
しまった‥かのデビルマンに勝るとも劣らぬ苛烈な運命の主人公。

キャシャーンやデビルマンに続き、ついに実写で映画化というんで、
興味津々で見たんですけど‥。
せっかく見たんで、忘れないうちに感想書いておきます。
かなり、ネタバレしてますんで、それでもOKな方のみ、どうぞ♪

あ、あとコードギアスの方は、なんか最近、創作の方にハマってるので、
今のとこお休み状態です。
書き出したら、やっぱどうしても創作優先になってしまうんで。(^^;
≪↓↓↓≫

ギアス15話:力ある者・弱者を虐げる者には鉄槌を!

付け足し:02/02
今週もさらっとゆきます。
マオとC.C.の争奪戦は、結局、見事に頭脳プレイでルルの勝ち!
特に、C.C.の本当の名前のことをあそこで持ち出すあたりがね。
確かにC.C.のことを一番よく知るのは自分だと主張するマオにとっては、
まさに痛恨の一撃としか言いようがない訳で。

ホントはルルが彼女の名前を知ったのは単なる偶然に過ぎないのだけど、
確かめようにも「唯一C.C.の思考だけは読めない」という点を上手く
突いていて、とても見ていて爽快だった!

全部の受け答えを想定して‥っていうのは流石にちょっと出来すぎかも
・・と思いつつ、深くはツッコむほどのことでもないから、ま、いっか。
≪↓↓↓≫

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。