映画「どろろ」の感想など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「どろろ」の感想

またまたレディースディを利用して、仕事帰りに見ちゃいました。
原作は巨匠・手塚治虫。
はるか大昔、モノクロのアニメを少しだけ見た記憶が‥。
両の腕を刃と化し、阿修羅のごとく戦う姿が物凄く印象的で‥。
実の父親に野望の道具にされ、体を魔物に奪われた挙句、捨てられて
しまった‥かのデビルマンに勝るとも劣らぬ苛烈な運命の主人公。

キャシャーンやデビルマンに続き、ついに実写で映画化というんで、
興味津々で見たんですけど‥。
せっかく見たんで、忘れないうちに感想書いておきます。
かなり、ネタバレしてますんで、それでもOKな方のみ、どうぞ♪

あ、あとコードギアスの方は、なんか最近、創作の方にハマってるので、
今のとこお休み状態です。
書き出したら、やっぱどうしても創作優先になってしまうんで。(^^;
≪↓↓↓≫
う~~ん、なんていったらいいのか、二人の交流を軸に、バトル剣戟
もの+妖怪もの+復讐&親子対決‥いろんな要素があるんだけど、
あれこれ詰め込めるだけ詰め込みましたって感じが強くて、かえって
混乱するというか、もう少し人間ドラマとしても、主役の二人だけに
限らず、納得のいく描き方をしてほしかったような。

魔物退治のシ-ンはかなり頑張ってはいるけど、やっぱアニメと違って
実写の限界というか、違和感がちと拭えなかったかな?

親子の対決シーンにしろ、純粋な親子対決じゃなくて、弟や母まで
出てくるし。
内輪もめっていうか、弟が兄を、母の従者を、父が息子を妻を‥と
いとも簡単に殺し合いを繰り広げたりするものだから、なんかもう
見ていて混乱するし、ひどく行き当たりばったりなゴチャゴチャ感が
強くて。

しかも兄にはどこまでも非情で、止めようとした妻まで殺すほどの殺意
を向けながら、それでいて弟には親バカだなんて、ひどく矛盾している
気がするし、それを観客にもちゃんと納得のできる流れにしてくれないと。

確かに主人公を初め、役者は皆、それぞれにいい味を出していたように
思うけど。
ただ、やっぱり全体的な印象、ストーリィとしてのもってゆき方や
盛り上げ方、まとまりが悪いかな?

あと、舞台がニュージーランドっていうのも。
特にクライマックスの親子対決の場となった国境の原野とかがね。

日本古来の魔物=おどろおどろしさや死人の肉体=仮初めの器を持つ
百鬼丸ならではの異質さというのと、妙に広すぎて明るすぎるあの風景
はあまりにそぐわない気がした。
同じ島国でもなんかあまりに開放的すぎて、魔物や怨霊が跋扈する世界
としては、違和感がありすぎるんだよね。

少し前に、TVで放映された「SINOBI」を見たせいもあるかも。
山奥の山中や古寺で、薄暗い中での死闘は映像美のこだわりが凄くて、
なかなか圧巻だったし。


―― 人の心の中にも確かに闇(魔物)が棲む ――
日々、戦に明け暮れるような殺伐とした世界なら、なおさら。
闇に屈し迎合して生きるか、人としての誇りを手離さずに生きるか、

最終的にはやはり作り手の思想とか、気骨とか、こだわりをどれだけ
作品に反映させられるかだと思う。
どんなにありえないような話でも、リアリティとそこで息づく人間を
しっかり描けてさえいれば、いくらでも感動を生み出せると思うし。

どろろと百鬼丸、この二人にはまあまあ好感は持てたけど、いかにも
ありがちな筋書きの範疇でしかなくて、ご都合主義なまま、バタバタと
まとめあげた感じが残念だったかな?

特に全ての元凶である父親の胸中とか、真相を知った百鬼丸の苦悩と葛藤。
どろろが百鬼丸の父親こそ目指す仇と知り、仇討ちを断念する心情とか‥。
たった3人、メインの3人すら満足に描けてなかったような感じがね。
この辺は他を削ってでも端折らずに、もっと丁寧に描いてほしかった
ですね。

とにかく、奇怪な伝奇ものとしての画面構成がいまいち中途半端で、
さらに物語としての展開‥人間描写や盛り上げ方‥の両方が映画にしては
いまいちで、見終わった後の消化不良っていうか、何かしら物足りなさが
微妙につのってしまう作品でした。(^^;
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

風海さん、こんばんは。
偉大な原作であったがために、絞りきれなかったというところでしょうか?
>物語としての展開‥人間描写や盛り上げ方‥の両方が映画にしてはいまいち
ですよね。誰もが消化不良な感を否めないところでしょう。

>人の心の中にも確かに闇(魔物)が棲む
設定を「どこでもない国」とする事で、(原作の)古さを払拭する効果を狙うと同時に、忠実ではない言い訳をしやすくしたのでしょうが、反ってチープ感をさらけ出す結果を招いてしまったようです。
闇が闇を呼ぶわけであり、平安時代の闇に巣食う魔物(妖怪)のワールドであり、戦国時代の殺伐とした空気感は、やはり日本でしょう。山あり谷あり、何もない日本の風景が一番似合う気がします。
まぁ、「どこでもない国」という意味では、ニュージーランドは悪くないと思いましたが。
作品とマッチしているかというと、それはどうーかな?ではありますね。
たいむ at 2007/02/16(金) 22:38 | URL

やっぱ、欲張りすぎたっていうか、余計なところに時間かけすぎって
感じが。特に子供時代の回想と子捨て村でのエピソードとか。

それよりは、本当の体を取り戻して、初めて音を聞き、声を出し、
物が見える~ヒトとしての世界を少しずつ取り戻してゆくところとか、
同時に男手一つで育てられ、母の温もりすら知らず、女の実態とも
無縁であったからこその、二人の関係の微妙な変化とかをつぶさに
描いてほしかったかな~。

たいむさんも自分とこで言っておられた
「この作品でなくては描けない部分てのを率先して描かないで
 どうすんの?」って、感じ。

> 設定を「どこでもない国」とする事で、(原作の)古さを払拭する
> 効果を狙うと同時に、忠実ではない言い訳をしやすくした‥

ああ、そうかもしれませんね。でも単純にどろろの舞台としては、
明るくて広い世界じゃなくて、横溝正史氏の世界みたく暗くて狭い
世界が馴染むというか、似合うだろうと思ったのですよ。

> 戦国時代の殺伐とした空気感は、やはり日本でしょう。

そうそう。ベースとしては、大河ドラマで使ってる風景で充分だと‥。
特に親子対決の場所は、醍醐家代々の墓所とか社とか、血族や家名を
象徴する、趣きのある光景でやってほしかったなぁ。
で、能のごとく篝火とか焚いてある中で戦ってほしかったかな。(^^;

とにかく、「静・闇・死の象徴たる百鬼丸」をより深く描くことで、
対となる「動・明・活のどろろ」の存在もまたより鮮明に作品の中で
生きてくるんじゃないかと思いましたね。
風海(管理人) at 2007/02/17(土) 00:43 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

ひさしぶりに試写会。観ようかどうか迷っていた作品だっただけに、当選はラッキーなのかな?(本当に観たい作品は、お金を出したってみるしねw)原作が”手塚治虫”なだけあって、「いかにも~」というファンタジー作品。(といいつつ原作は未読。手塚作品
TrackBacked by たいむのひとりごと at 2007/02/16 22:15

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。