第18話:シンに対しては、SとMが微妙に混在するアスラン♪など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18話:シンに対しては、SとMが微妙に混在するアスラン♪

2005/02/21(月)(…改訂を重ね、ようやくUP♪)
今回は、敵戦力の分断のため、中東の渓谷地帯に居座る特殊砲台の
攻略戦の模様です。

シンの態度の悪さは相も変わらず…本当に主人公にしては、いまいち
印象悪いっていうか、いろんな意味でインパクトが弱い気がしますね。
シンに関しては、管理人と同じO型ということもあって、ちょっと別口で
改めて考察してゆきたいと思っています。(^^; 

アスランの方はだいぶシンの対応にも慣れたようで…少々突っかか
られても余裕でかわすというか、しっかり嫌味で切り返してます。(爆)
変に馴れ合ったりせず、あくまで自分のスタンスは崩さないところが
いかにも信念を貫くA型の人っぽいです。(^^;
特に公の場においては、毎度ながらほぼ完璧な優等生ぶりです♪
≪↓↓↓≫
現地協力者のコニールちゃんに対しても、見た目だけで子ども扱いしよう
としたシンに対し、アスランは公私をちゃんとわきまえ、“双方の代表者”
として、対等の立場での紳士的な対応をとっていました。(*^.^*)

味方陣営としては、シンの無礼な態度はいい恥さらしですな。は~(-_-)
実際、ザフトの軍隊って階級もなく、かなり自由な雰囲気だけど、
でもいくらなんでもあれはないんじゃないかな~と激しく思って
しまいましたね。(ため息)


ところで、今週のルナ・アタック♪=どうにかシンに作戦を了解させた
アスランの説得ぶりを、すかさず追っかけ褒め称えるルナちゃん。
ホントにこの子は、さすがに獅子座だけありますな。自己顕示欲が半端
じゃありません。^-^;

でもって、自分で“予防線”って言葉を出しちゃうあたり、やっぱ
アスランともっと親密になりたい願望があるようです。

上昇志向の強そうな彼女としては、優秀なアスランから学べるものは
この際、学び尽くそうとか思っていそうですね。
で、そのうち異性としても認めてもらえたらラッキーとか思ってたりして。。。

シンのことは、アカデミー同期というのもあってか、長い付き合いだし、
けっこう弟みたいに思ってるようですね。(^^)
獅子座の姉御肌+A型流お節介って感じかな。。。

でも本当に、アスランの場合、サイトでのキャラ考察で書いてる
とうり、相手に抱く好悪の感情によって、激しくMモードになったり、
Sモードになったりするようですが、どうやらシンに対しては、SとMが
微妙に混在する
模様…。(苦笑)

戦争で家族を失ったシンの痛みには十分共感できるので、可能な限り
歩み寄ろうとするけど、一方で“アスハを擁護していた者”として
理不尽な怒りや憎しみを反抗的な態度でぶつけられるとつい、繊細な
部分が傷つくのか、しっかり意地悪な物言いになってしまう感じ。。。

本来なら保守的で、無闇に敵を作りたがらないA型なので、あまり孤立
しないためにも、普段からもっと温和で人当たりの良い対応を心がけ
そうな気がするのですけど…でもそれは、あくまで一般的なA型の話。(^^;

ことさら閉鎖性と秘密主義傾向の強い蠍座・A型のアスランはというと、
どうしても平均的なA型より、ずっと無口で口下手。。。
任務として、必要最低限のトークはこなせても、プライベートでは、
人付き合いはなるべく避けて通りたいってのが本音のようです。(^^;

…なので、どうでもいい相手に対しては、完璧ニュートラルですな。(笑)
ルナの場合は、どうみても現時点では、“ニュートラルで逃げ切り”
決め込んでいるみたいです。(爆)

その彼にして、シンには、毎回あれだけ多弁になること自体、それも
辛抱強く相手をしていること自体、驚異です。(o^.^o)
キラほどじゃないにしろ、かなり特別視してるのだけは確かなようです。


とにかく、いざ作戦決行となり、インパルスで出撃したシンは、予想より
困難なルート越えに、アスランに悪態を撒き散らしつつ、突き進みます!
もうこのシーンは大爆笑でしたね。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

「やってやるさ! ちっくしょ~~~!!!」
そうそう♪ ここでO型ヒーローならではの根性を発揮してよね♪
って感じです。o(^-^)o

そして、無事に目的の砲台を撃破して、戦闘終了となる訳ですが…
ラストシーンでのシンとアスランの表情の違いがまた、際立っていました。
民衆を解放できたことを素直に喜ぶシンと、逆に地球軍の兵士達の悲惨な
末路を見やって、複雑な顔をするアスラン。。。

武装解除され、拘束されてなおかつ、裁判もなしに処刑されるなんて、
あまりに惨たらしいですよね。(ロボットバトルにおける生き死には、
まだ“アニメならではの絵空事”として、割り切れる気がしますけど…)

…かなり狂ってます。この世界の有り様も、そういう描写をせっせと
見せつけるスタッフも。。。

おそらくは、今現実に問題視されてるイラクとかの反映なんだろうけど、
戦争を扱う以上、ある程度避けて通れない描写なんだろうけど、映画や
ビデオと違って、TVは、視聴者にとって大変身近なものだし、その分、
時間帯によってはなかば強制力も発動してしまうメディアだってことは
忘れないでいてほしいです。

TVをつけた瞬間、何気なくあのシーンだけを見てしまう幼子もいること
も配慮してほしいですね。(^^;
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

後ろで大声で喋る家人に邪魔されつつ見た「ローエングリンを討て!」眼下に広がる地球連合軍の基地を見ながらリモコンのスイッチを押すレジスタンスの少女登場。そのまま乱暴に車を発進させてデカイものに乗り込むなあ、さてはリモコン爆弾かい、今回のレジスタンスは明けの
TrackBacked by DESTINY追跡日記 at 2005/02/22 07:09

第18話「ローエングリンを討て!」前回の復習は、作戦ブリーフィング、ルナマリアのシャワー、夕日対談…の3本でした。峡谷を進むザフト艦隊。バギーで併走する少女(コニール)…、ミネルバに収容される。現地協力員として、呼ばれていたらしい。ミネルバ内、ブリーフィン
TrackBacked by salty blog at 2005/02/22 14:10

さて、今週は陽電子砲渓谷(渓谷の名前忘れた)突破作戦です。ルナたんの「アスランの心の防衛線突破作戦」は失敗しまくりですがwとりあえずPHASE18のお気に入りベスト51.「予防線張られてる?」ルナたん、自覚あるのかw2.アーサー天然ホントにここまでズレてるの
TrackBacked by G-FOUR Blog-Stage at 2005/02/22 21:12

 今回は主人公活躍。悪態つきながらコアスプレンダーを飛ばせるシンの捻くれ者ぶりがグッド。なんだかんだ言いながら、結果を出したじゃありませんか。作戦に則ったものであれば、アスランも文句は言いません。  しかし、それでも、戦争の真実に目をそむけてはなりますまい
TrackBacked by ファーレンハイト212 at 2005/02/22 23:27

今週はどんな感じに感想を書けばよいのか少し悩みました。次週予告のインパクトありすぎですよ。ミーアのピンクザクアスランのあの表情デュランダル議長が地球にあのオレンジグフも来てましたよ話を一気に混乱に持っていき清濁ぐちゃぐちゃにしていくのかも
TrackBacked by 王様の耳はロバの耳 at 2005/02/23 00:23

ザムザサー博士の野望は潰えてなかった。「今回のザムザサーは一味違うぞぉぉ・・・この起伏の激しい山地の要塞攻略戦を考慮して燃費の良いスパイダーレッグ(正式名称)による移動を実現!今日も元気に跳ね返せリフレクター!モビルスーツにはないこの異形のカタマリが
TrackBacked by 虚辛会日報 at 2005/02/24 02:53

最近、感想書くのが遅れるな~~~。 先週を振り返る。シャワーシーンありっと。thanks。 今日は、ローエングリンを討て!とのこと。 いまいち態度のデカイ”シン” 人の話は、静かに聞いてくださいね。 コニールも心配ですよ。「大丈夫なのか。こんな奴で。」 コニー.
TrackBacked by ガンダム タウン~GUNDAMグッズ情報サイト~ at 2005/02/25 15:52

相当キツいインフルエンザに倒れた今週、何度かに小分けしてようやくビデオのチェックが完了。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE18。 前話のダイジェストから開始。久しぶりの戦闘描写はどんなもんだろうか?...
TrackBacked by 少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型) at 2005/02/25 20:22

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。