「宇宙戦艦ヤマト2199」ついに最終話。など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙戦艦ヤマト2199」ついに最終話。

始まった当初は、だいぶ旧作と違っていて、どうなることかと
思っていたけれど・・。

スターシャに妹がもう一人とか‥、イスカンダルとガミラスの
関係性とか‥。

ガミラス人が割と普通に人間してるのが意外だったかな。

何よりデスラーのキャラが‥報われない恋心ゆえの‥統治者に
あるまじき暴挙に走った挙句のあの最期ってのが・・・(旧作から
彼のファンだった人達はどう思うのかな~って感じ‥?)。

コスモリバースシステムに関しては、いまいち???だったけど。

あれは、人の魂だか、想念エネルギーが大元になっていて、最初は
システムのコアは古代守だったけど、彼は弟の為に、雪の生命を
復活させるのに、自分の存在維持に必要なエネルギーの大半を使い、
消滅・・・寸前に亡くなった沖田艦長の魂がシステムを引き継ぎ、
再起動・・・って解釈でいいんでしょうかね?

あくまで私個人の勝手な解釈にすぎませんが、まあ、そんな風に
考えると、愛しい人の魂を手離したくなかったスターシャの逡巡も
わかる気がするし。


全体的にストーリィの辻褄は、上手い具合にまとめてあって、
さらに、旧作を多少は知る者として、宮川さんの音楽とか、
これだけはハズしてほしくなかったポイントは、だいたいちゃんと
押さえてあったから、まあいいんじゃないのかなあ‥。

さすが出渕さん、上手くまとめてくれて、有難うと言いたいです。(#^.^#)
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。