アスランの地雷踏みまくり!Vol.3の二人の心情を探ってみる。など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

アスランの地雷踏みまくり!Vol.3の二人の心情を探ってみる。

ガンダムSEED DESTINY HDリマスター版特典ドラマCD
「OMAKE quarters Vol.3」の感想です。

こっちもなんとか聴くことができたので、まだ1回しか聴いてないけど、
一応書いておきます。≪その後改訂・追記あり、ネタばれ注意!≫

プラントから出向だか何だか知らないけど、シンとルナマリアの二人が、
オーブ軍のムウの下で働くことになったのかな。それで、いまひとつ仲が
よろしくないアスランとシンとの関係改善の為に、ムウさんが居酒屋へ
彼らを呼び寄せ、食事会を開くお話。


ぶっちゃけ、最初の印象は、二人ともやたら子供じみてて、なんでこうまで
不毛なことになるかな~って・・。( ⌒ _ ⌒;) ツカレタ・・・

確かに種デス本編ではいろいろあったけど、まさか、いまだに和解できて
ないなんて。┐( -"-)┌ヤレヤレ...

潔癖性で批判好き、ツッコミ名人の乙女座だし、口の悪さでもピカイチな
O型のシンだからこそ、ああいうのもありなのかなっては思うけど・・。

たとえ議長に利用されてたにしろ、あれだけ暴走しまくっといて、多少
なりと自責の念なり、罰の悪さなりをひきずるどころか、なんか全然
懲りてない、反省の欠片もないシンの態度って・・・ちょっとお子様なの
にも程があるっていうか・・。(ー'`ー;)う~ん・・・・

お話として、あえて面白おかしく脚色してるにしても、これって無理が
ありすぎない・・・?!(シンの懲りなさ具合がハンパなかったりして‥)


それでもいろいろ考えた末に辿り着いた結論としては、もしかして
シンはアスランに嫉妬してる?!

どうやら、キラに対してはすっかり心酔しきってるみたいだし。

なにせラクスを除いては、アスランがキラの不動のナンバー2ってこと
はすぐにわかることだし。(・・好きな相手っていうか、リスペクト対象
等には、少しでも贔屓目に見られたいO型・・)

そしてアスランは、アスランでそんなシンの姿が面白くなくて…こっちは
嫉妬とまではいかないけど、少しばかりキラを羨ましがってるのかな。

ええと、シンがキラに懐いた(笑)理由としては、なんといってもキラは
アスランと違って、甘え上手で、素直に人を頼る術を知っているから。
これって、アスランが超苦手とするところなのよね。(^^;

一方で、O型の中でも力があり、その力をなるだけ行使して他者に
見せつけたい類の自意識過剰なタイプとしては、他人から頼られ、
しっかりアテにされて喜ばないO型はいないんだな~。(笑)

例の脱走事件にしたって、シンが裏切りと解釈したのは、一つには、
当のアスランの“だんまり癖”もあるよね。

共に戦う仲間でありながら、キラほどストレートに信頼されていな
かった悔しさ・負け惜しみみたいな感情もあるのかな?

そんなこんなで、アスランよりも先にキラと意気投合しちゃったのかな
って感じ。

それって以前からシンを知っていたアスラン的には面白くないだろうし。
だからといって、自分の方から下手に出るなんてこともしたくない
自尊心高めで、尚且つ彼の口撃からも身を守りたい繊細な男としては、
シンのことはもはや≪イザーク科・イザーク属≫として距離を置く
ことに・・。・・・・ゞ(_△_ )ゞ ヒクッヒクッ


ただ、どうもアスランのあの口調のキツさ・ぞんざいさは、A型的には
“気遣い無用の身内モード”だし。(まだ世話焼き対象圏内っていうか、
本当に「自分にとって、まったくどうでもいい他人」ではない模様・・)

シンの方もアスラン相手には、けっこう本音をガンガンぶちまけても
大丈夫的な甘えが見え隠れする感じ。

≪仲が悪い訳ではないが、仲良くはなれない≫これって、ひたすら
平行線というのとは違うのだと思いたいですね。

基本、O型は能力主義・実力主義だし、シンが改めて戦闘だけでない、
総合的なアスランの実力、能力の高さを思い知る時がくれば、また
いくらでも状況は変わっていくのかな。


それにしても、保志さんが今回はウエイター役でさりげなく出演してる
あたり、影の主役はキラで、騒動の源=影で王様状態なのはキラだと
いうことを暗にほのめかしている感じがしましたね。
(キラを頂点に置いての三角関係・・ってか!)。。。ρ(▼、▼*)チェッ

やっぱ、両澤さん的には、≪キラ様至上主義≫なのだというのを改めて、
実感させられた気分。(_△_;〃 ドテッ!

シンアス好きの私としては、これを有難く受け止めろというのは、ホント
複雑だし、微妙です・・。ρ(-.-、) ソウカヨソウカヨ・・・ 


【再度聴いた後での追記】
途中、せっかくシンが殊勝にも素直に感謝の言葉を言い始めたところ
に、アスランったら、照れ隠しなのか頑ななのか、あからさまにバカに
した反応をして怒らせちゃうしね。

シンはシンで、アスランが幼馴染として披露したキラに関する情報に
対し、途中までは神妙に聞き入っていたけれど。

ラクスの名前が出てきたあたりから何やら怪しい雰囲気に…。
彼女がアスランからキラに乗り換えたことを誤解してるみたいだし、
さらにカガリやメイリンなど、アスランの女性問題とかまで頭を巡らせ
たところで、なんかいろいろと人間性でも誤解されてしまった模様・・・。

だいたい親友なのに、アスランのキラ評は、事情を知らない人間には
当たってはいるけど辛口すぎるし。(長年キラの不得手な部分の
尻拭いを幾度となくやらされてきたんじゃ無理もないけど)

というか、シンが何気にセイバー撃破のことまで持ち出すから、勢い
キラ評価に辛さが増していくことに・・。

その結果、
「・・なんか間違ってるんじゃあないっすか?!
 アンタの言ってることって、ホントに正しいんすか?」

アスランがおおいに毒を盛るから、シンの方も負けじと倍返し!

A型のアスラン的には、キラに心酔しきってるシンへの皮肉たっぷり
に長年の愚痴&苦労を交えてぶちまけただけなんだろうけれども・・。

O型のシン的には、そうしたニュアンスが伝わるどころか、男として
婚約者だったラクスを盗られたから、実力でもキラに劣るから、キラ
への僻みから言ってるのじゃないかとか、思いっきりダークな方向へ
勘ぐられる始末。( ̄_ ̄|||) どよ~ん

後はもう、お酒が入ってるせいなのか、互いにハイテンションなとこ
まで飛ばし過ぎ!! ヒイィィィ!!!!Σ( ̄(工) ̄ノ)ノ


つまるところ・・アスランの閉鎖性と不器用さ故に、シンはアスランの
本当の姿を知らなさすぎる・・・。

多少は嫉妬もありそうだけど、情報不足による不信感と誤解。
これが一番かな? 

シンが距離を詰めようとしても、お前には関係ないの一言でアスラン
壁を作り過ぎ。O型的には仲間だと思っている相手にそれをされると
かなりムカつくし。信頼のなさを感じる分、どんどこヘコむし、やさぐれ
度も増すという感じかな。

年下なのに礼儀なさすぎってのもかなり問題だけど、同時にアス
ランの人付き合いの下手さ加減・閉鎖性もおおいに問題を感じる
ところ。

肝心なところで伝わりにくいような変化球を投げたり、何かとネガ
ティブに受け止めたり、ネガティブ方向に早とちりする癖はどうにか
ならんのかって。
(軍属で、軍人であれでは、命取りになりかねないだろうに・・・)

まあ、そのうちにアスラン本人か、周りの誰かが事実関係(特に
女性方面)を彼に教えて、シンの態度が軟化すればいいだけなん
だろうけど。

あくまでこれは、戦後すぐの話みたいなので、今後に期待ですね。


【さらにおまけの分析】
A型の外柔内剛タイプとO型の外剛内柔タイプが喧嘩したら、
こんな感じってのをありありと表現してますね。(^^;

特にVol.2でのアーサー相手の上辺だけ建前・穏便モードの時と
違って、普段は見せない素のハードさ出しまくり、最後はマジ切れ
するアスランとか、この格差、豹変ぶりがいかにもA型っぽい感じ。

ちなみにO型は、自分に非があっても怒ってるその場では絶対
引きません。全部出し切って後日、後悔したり反省するタイプです。

いろいろ書きましたが、我ながらアスランというキャラにハマった
お陰で、血液型考察の点では随分勉強させられたな~って感謝の念
すらわいてくるくらい・・。(^^;

近年では職場の人とかに協力してもらって、チャート読み(占星術)
にも挑戦中。(占星術を本格的に学び始めたら、家族への見方も
大きく変わりました)でもこちらはホント一筋縄ではいかなくて…
人間の奥深さにホトホト感じ入るばかりです。(^^;
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

沙夜さん、こんにちは。
相変わらず沙夜さんの分析には感じ入るばかりです。

放送が終わってもはや10年。こちらは必然的に10歳も年を取ってしまい、HDリマスターを見ながらアスランや作品を見る目とか少し変わったようにも思うこのごろでした。
簡単にいえば、アスランはじめどのキャラも自分の子供のようにしか見えなくなったって感じっていうのかな?
まぁ当時の自分もいい大人だったはずなのだけど、そんな風には見ていなかったと思うのですよ。(^^;
でも、当時の一生懸命だった自分の気持ちも忘れてはいないし、我ながら痛い部分もあったけれど、今は良い思い出に思っているし、久しぶりに当時の気持ちを思い出すことになった「OMAKE quarters」にだったと思ってます。
コメント、本当にうれしかったです。

最近は似たり寄ったりなアニメが多くてつまらないし、深く考えたり、分析したりすることが少なくなってしまいました。
そういうところで、久しぶりに沙夜さんの分析を拝見できて愉しかったです。
うなずくところあり、そうなのかな?って思うところあり。
「そうなのかな?」って部分は沙夜さんとしては聞きたいと思うでしょうか、聞かないでくれると助かります。
恥ずかしながら、未だ感覚的なものを文章にするのが苦手なもので・・・(^^;
ずっとブログ活動しているのに、こういうのは成長しないんですかねぇ。

また何かの機会にお話できると嬉しいです。
SEEDとアスランは、それでも自分の中で永遠みたいなものになってしまっているから(*^^*)
たいむ at 2014/05/05(月) 11:00 | URL

たいむさん、コメント返しどうも有難うございます。(^^)
実を言うと、当初は感想書くまでもないかなって思ったんですけど、やっぱりいろいろ思いを巡らせてるうちに書きたくなってしまったんですね。(^^; 

本放映からはや10年‥そうか、もうそんなになるんですね。(苦笑) ガイバーの方がちっとも進展ないので、ちょっと浮気のつもりが・・ついつい深みにハマり、そのまま抜け出せなくなってるあたり‥我ながら魚座だな~としみじみ‥。(笑)

そういえば、ここ最近のマイヒット作といえば、「刀語り」「銀の匙」でしょうか?(ヴァルヴレイヴはかなり微妙でしたけど‥)

> 久しぶりに沙夜さんの分析を拝見できて愉しかったです。
有難うございます。やっぱアスラン相手だと筆が止まらなくなる感じでしたね。我ながら笑っちゃいますけど・・。(^^;

> うなずくところあり、そうなのかな?って思うところあり。
それは、やっぱり同じ魚座でもA型のたいむさんとO型の私の感覚の違いでしょうね。(^^; でも、ASC山羊座で、2室に土星と知ってからは、家族の影響だけでなく、より一層自分はA型寄りかもしれないと思うようになりました。ちなみに、土星は人生の課題とか、総決算・着地点を示します。水瓶座の土星を持つ身としては、今後は自分と他者との違い(独自性)を怖れずに表現してゆかねばならないなあと思っています。たいむさんも「継続=力」で、なにより土星の好むところですから、大器晩成の未来を目指して歩み続けていってくださいね。(^^)

ところで、2012年の春、ツタヤでのレンタルをきっかけに「蒼穹のファフナー」の総士にハマりましたv (とことん不幸な相手に惹かれる金星-海王星180度の女‥(^^;)それで気づいたんですけど、アスカガとしてはいろんな意味で(笑)かなり微妙でしかなかった種運命のED曲「僕は君に生かされてる~♪」あれ一総の曲としてはめっちゃ良くていい感じがします。(笑) 種運命より、ファフナーの世界観で聴くとよりしっくりハマるんですよねv でもって、アスランより総士の方が男ぶりは上かもしれないと思いつつ、私にとってのいじり甲斐を感じるのはやっぱアスだなvvと気づかされた次第です♪(苦笑) 
星咲沙夜(管理人) at 2014/05/06(火) 11:11 | URL

検索から来ました。ドラマCD、私も思っていたことをおっしゃって下さっていてスッキリしました。
ただ気になったのですが、アスランはA型ではなくシンと同じO型です。似たもの同士だから反発するってことでしょうか(^_^;)
さち at 2015/05/31(日) 00:17 | URL

さちさん、初めまして。コメントどうも有難うございます。(^^)

> 私も思っていたことをおっしゃって下さっていてスッキリしました。

そういっていただけると大変嬉しいです。(^^)
それから、トップ&プロフで明記してあるとうり、当方では公式設定と違い、アスランはA型と解釈しております。長年血液型研究している人間としては、アスランはどうみてもA型にしか見えません。公式の方は、おそらく何らかの間違いだと思います。一応血液型サイトもブログもやってますので、よければ参考にしてやってくださいませ。
星咲沙夜(管理人) at 2015/05/31(日) 17:53 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ