第21話:アスランの生脚+下着姿&ステラのショーツ姿に萌えた回♪など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

第21話:アスランの生脚+下着姿&ステラのショーツ姿に萌えた回♪

2005/03/14(月)(遅れながらも改訂版UP♪)
今回は、しょっぱなから死ぬほど笑わせてもらいました。(≧∇≦)

ミーアのセクシーな寝間着姿に、驚きのあまりベッドから転げ落ちた
ところへルナのドアコール…寝起きにいきなりダブルパンチを喰らって、
右往左往して慌てふためいてる間にミーアにドアを開けられ、一番マズい
シーンをルナに見られてしまい、なんとも罰の悪い表情で立ち尽くす様が
また可笑しくって♪ ぎゃははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

このときのアスランときたら、まるで悪戯を見つけられてしまった
子犬のよう。。。(笑)≪↓↓↓≫
ルナが去った後、アスランは物凄い剣幕でミーアに喰ってかかるんだけど、
当のミーアはまるで罪悪感もなく、かえって心底不思議そうな眼差しで
まじまじと見返すし、結局毒気を抜かれちゃってましたね。(苦笑)

もうとにかく、3枚目になりすぎです、アスラン…。┓(´_`)┏
堅物なのをいいことに、ここまで散々おちょくられてしまうとは。。。
(腐女子的には、アスランの生脚と下着姿が拝めて嬉しかったけど♪)

でもさすがにこの展開には、ツッコミを入れたくなってしまいますよね。
同じベッドのすぐ隣に潜り込まれて、なんで目が覚めないかなって…?
以前、TVでやってた血液型別実験でも、確かA型って一番眠りが
浅かったと思うんですけど。。。(・・?)

そこで、勝手な想像その1。
夕食の際に、ミーアと慣れない会話をしながら食べたので、ついお酒を
飲みすぎてしまい、普段よりぐっすり寝入ってしまった。

勝手な想像その2。
実は、ミーアとの食事の後、誰かさん相手に“受け”を強いられたため、
体力を消耗してしまい、疲れ果てて熟睡してしまった。(*/∇\*)キャ
男性の身で女役をするのって、マジで大変みたいだし…たとえ体力自慢
のコーディネイターでも例外ではなかったりして。。。(-.-;)ボソッ
(やっぱ腐女子としては、こう考えるのが妥当でしょう♪…爆)

あと、ミーアもなんだか変な子ですよね。
あんな挑発的な格好で忍んできた癖に、アスランが寝てたからって、
何も仕掛けることなく、隣で寝てしまうなんて。。。

本気で抱かれたいのなら、相手が寝ていようが、上に乗っかるなりして
積極的に攻めれば、何割かの確率でコトは成就できたはず。。。(*^m^*)
でも、それをせずにただ寝るだけで済ませたということは、関係を結ぶ
こと以上に、一晩共に同じ部屋で過ごしたという既成事実を作ること
が最大の目的
だったように思われます。(実際ルナに見せつけてるし…)

しか~し、とことん堅物でお坊ちゃま育ちのアスランとしては、婚前交渉
なんてやっぱとんでもない…なのかな~?
少なくとも、夜中に女性の方から忍んでくるなんて、レディのすること
ではないとか思っていそう…。(^^;

「ラクスは、そんなことはしない!」=「彼女は、こんなふしだらな
娼婦のようなことをする娘じゃない!」ってニュアンスなのかなって
思いましたね。

で、さんざ恥をかかされ、すっかりご立腹のアスランは、キスをねだる
ミーアを強引に押し戻して、ヘリに向かわせます。
さすがにアスランとしても、これ以上ミーア相手にA型お得意のぶりっ子
モード=お上品な良い人を演じる
必要なしと判断したようです。

できたらこういう所こそ、ちゃんとルナが見てたらって思うのだけど、
残念ながら朝のショックが大きすぎたようで、完璧二人から目を反らして
しまってます。。。

その後、アスランは迂闊にルナに話しかけてさらに怒らせてしまい、
一応弁解するものの、なんか中途半端なんだよね。(-_-;)
うっかり偽者とバラす訳にもいかないから、余計言葉に詰まるのかな…?

ルナの胸中としては、朝のあの場面を見てしまったからには、もはや
アスランに何を言われても、恋人との情熱的な一夜を堪能した男の
ノロケにしか聞こえないみたいで。。。

(やっぱり男なんて機会があれば、ちゃっかりするものなんだわ!)
(なんていやらしい! 最低! 不潔よ!!!)等々、終始心の中で
毒づいてたりして。。。(^^;
当分は、顔合わす度に嫌味が返ってきそうですな。。。


一方のシンはというと…ついにお約束の運命の出会いです♪
海大好きの割りに、さっぱり泳げなかったステラちゃんを無事に
救助します♪

…にしても、ブロックワードって誰が言っても発動するのね。
これはもう、かなりファティマのマインドコントロール同様の鬼畜な
設定としかいいようがないですね。

万が一命令に従わず、暴走したときには、本人の身の安全は2の次で、
すぐさま機能停止できるように設定してあるようなところが。。。
戦場での機能停止は、即刻命に関わるというのに。。。

つまり、利用する側にとっては、彼らは用済みと見なされれば、
いつでも使い捨てられる消耗品でしかない気がします。

そんなこととは知らず、シンは勝手に戦争で家族を亡くした子に違い
ないと思い込み、「俺が守る宣言」をしてしまいます。

シンのように、ある程度の力を持つ=強者のO型にとっては、自分
より儚げで庇護欲をそそるタイプには滅茶苦茶弱い傾向があるので、
自然と可憐なステラに保護欲を刺激され、やがてそのうちに愛情へ
変わっていったとしても、ちっとも不思議じゃなかったりして。。。

また“死への恐怖”が何より強いステラにとって、自分から死を遠ざけ
てくれる者にこそ、安心して自分の全てを委ねられるのでしょう。
今後も、この二人は、会う度にお互いにとって、必要不可欠な存在に
なってゆきそうです。(*^.^*)

それと、ステラは今後、最適化される度にシンに関する記憶を失う
らしいので、彼女がシンに渡した貝殻(?)がこの日出会った証として、
重要になるようです。

そういえば、アスランはあの3人のことを覚えていた様子。
アーモリーワンで見た際、ボディガードという職業柄、何らかの違和感
か、挙動不審な点でも感じてたんでしょうか?

フリーダムをキラに渡したときのラクスがカメラに写ってたように、
あの3人の姿も強奪犯として、カメラに残っていたとしたら。。。
意外と早い時点で正体がバレそうです。。。


《…余談です》
ハイネ=なんだか、顔と声がいまいちマッチしない…声渋すぎ。。。
性格も気さくすぎ。。。(笑)

ステラの歌=「深海の孤独」“あなたしか見えない~♪”
実に良い感じです。発売されたら買いに走らねば。。。o(^-^)o

特にショーツ1枚での体育座り♪ 両足の隙間から覗くショーツが
やけに可愛くて、萌え~♪(注:管理人は女です…(^^;)
シン、間近で彼女の生乳を見たんだな♪ この果報者が。。。d(^_^)

コメント&感想お待ちしてます。(^^)/~~
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

先週いっぱい予告の「誰かのベッドで眠るミーアと怒るルナマリア」で盛り上がりましたが、OPまででいきなりネタばれ。いや、ネタばれってことはないんだけども。やっぱりあの二つは続いての場面じゃなかったのね、ということで。久々に楽しみだったPHASE-21、行ってみよう
TrackBacked by DESTINY追跡日記 at 2005/03/15 12:10

 「ウソだろ!?落ちた!?」(シン) そりゃシンもビックリするよ。 でもステラはそういう娘だからと既に視聴者としては分かってるので違和感は無し。普通のヒロインとの対面イベントがこれだっらそんなバカなですが、でもステラだし、で片づけられます。るんるん
TrackBacked by ランゲージダイアリー at 2005/03/15 16:28

ディオキオの夜はどうだったんだ!?アスランの部屋にミーアは寝たのか!?寝たとしたらどういう形で!?当ブログでも異様に盛り上がった次回予告が明らかになる回がやってきました!もちろんシンステの出会いもある回なんですが、そっちは専門のブログさんにお任せすればい
TrackBacked by G-FOUR Blog-Stage at 2005/03/15 20:08

第21話「さまよう眸」まずは…海辺ではしゃぐステラ。…って、おい!復習無しで始まる「種デス」なんて…、 良いとか悪いとか置いといて、びっくりしたぞ! 今日は回想無しで、ぐいぐい進んじゃいますか~ぁ!?(高まる期待) まさに革命的!(今回T.M.Revolutionさんの
TrackBacked by salty blog at 2005/03/15 20:33

 海辺で戯れ、溺れかけるステラを助けたシン、寝巻き姿のミーアとそれを目撃したルナマリアの立腹に困惑するアスラン、かたや運命の出会いという切ないシチュエーション、かたやラブコメテイスト満載、の「さまよう眸」。アスランの狼狽ぶりはさておき、シンとステラの再会
TrackBacked by ファーレンハイト212 at 2005/03/15 23:13

新たな歯車が回り始めたことを感じずにはいられない、シンとステラの物語の始まりに期待せずにはいられない、カタルシスを描くのか、それとも救いを描くのか、二人へのタメが長かっただけに様々な期待を膨らませるのに十分な第21話「さまよう眸」。複数のストーリーラインが
TrackBacked by 蒼穹のぺうげおっと at 2005/03/16 02:43

シンとステラのストーリーの軸がようやくできた事とあいまってか、今回のEDは素晴らしかった。アーク・エンジェルのオーブ出航を描いた「明日への出航」並みですよ。やはりDESTINYの魅力の一つとして、映画のような余韻の残るエンディングもあるんじゃないかな。に
TrackBacked by 一日一音。 at 2005/03/16 16:18

管理人の承認後に表示されます
TrackBacked by at 2005/03/16 21:19

●偽物が本物を超える時今回はあまり考えずに書くぞ~。バトルも無し、戦争論も無し、主人公のトラウマ描写も無し…。もう恋愛一色ですわ。若いっていいね~。しょっぱなのアスランの寝起き。その後繰り広げられたコメディーは爆笑でした。いやぁ、前作のキラ・フ
TrackBacked by 蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ at 2005/03/20 01:27

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ