第26話:ステラ、壊れないでね、ステラ!とラクス旅立ちの回。など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

第26話:ステラ、壊れないでね、ステラ!とラクス旅立ちの回。

2005/04/18(月)(改訂版UP♪)
今回は、シンいきなりアスランを無視して、独断でステラお持ち帰り♪
ガイアのパイロットがステラだとわかった時点で、ひたすら軍規も
何もかも忘れて、私情最優先! (私情最優先なO型の血、発動~♪)
こういうところが、いかにも直情的なO型らしくてなんか苦笑しちゃ
います。ただステラを助けたい一心の、ひたむきなシン可愛すぎv

しっかし、案の定艦長のタリアさんに激しく叱責を喰らうハメに。。。
シンが艦長室でお叱りを受けてる間、アスランがドアの外でずっと
待ってた描写に少し和みました♪(さすが心配性なA型v)
≪↓↓↓≫
ステラ…なんとか手当てはしてもらえたものの、全身をスキャンされた後、
ベッドに幾重にもベルトで括り付けられた姿は、現時点ではやむをえない
措置とはいえ、痛々しくて見るのも辛いですね。

―― そして、シンに知らされたステラに関する衝撃の真実。
実際、自分のことを綺麗に忘れてしまっているステラの有り様に決定的
な事実を突きつけられ、呆然と後ずさるシンが哀れでした。(;;)

その後、懲りずにステラの元を訪れるシン。するとどうでしょう。
今度はちゃんとシンのことを認識したじゃありませんか♪
やっぱ、記憶の処理といってもまだ不安定なシロモノで、人間の強い
想いの方が打ち勝つこともあるってことなんでしょう。
以前にも言ってたとうり、人の想い>機械だと思いたいです。

ところで、何度でも繰り返し言っておきますが、O型タイプは基本的に
自分より、一見して明らかに弱者な立場にある者に弱いです。
 例:男性>女性、 大人>子供

ことに強者の立場にある者は、その力を行使して、弱者を守る
ことに生き甲斐を感じます。
現役バリバリ軍人のシンも例外なくそういったタイプのようで、女性
であり、心に傷を負っていそうなステラを、初めから自分が守るべき
弱者と認識していました。

その認識は、連合の兵士であり、敵陣営にある者だとしても、変わる
ことはないようです。
まあ、そのあたりが理性派であり、常に客観的に見て、常識的な判断
とその範疇において、すべきことを優先させるA型人間(アスラン)
との違いでしょうか。。。

もし、ステラと関わっていたのがアスランだったなら、彼女が強化人間
であることが判明した時点で、軍人としての自身の立場をわきまえ、
無理やりにでも個人的な感情は押さえ込んでしまったことでしょう。

しかしながら、O型はあくまで自分本位で“すべきこと”よりむしろ
“したいこと”を優先
させます。世間一般に見てどうかとか、他人に
どう評価されるかなどはあまり気にしません。ほとんど無視します。

シンの場合もどうやら、たとえステラの正体が何者であっても
「彼女を守りたい」という思い・スタンスは変わらない…その点が
明らかにされた今回、同じO型人間としては、その心情に激しく共感
できるだけに、ぜひ応援してあげたいなと改めて思いました。(^^)

ただ、いろいろと特殊な投薬で強化されている彼女を元に戻すには、
すぐには技術的にも難しいものがあると思うし、現時点では、生命維持
すら怪しい感じ…結局は、治療しても手に負えなくて、連合にご返却と
なる確率高そうです。
(彼女をマジで治すには、連合から専門の技術者をかっさらってきて、
ザフトへ技術供与を強制するしかないと思う)

いったん返してしまえば、さらなる再強化→かつてのゼーダガンダム
のフォウのように強化されすぎて、精神的に不安定になり、最悪壊れて
しまう恐れも。。。
新OPで見る限り、彼女のデストロイ搭乗は決定事項らしいので、先の
見通しもとことん暗くなりそうですね。は~(-_-)


それから、後半…ついにラクスが行動を起こしました。
ミーアに成りすましてシャトルに乗り込み、プラントへ向かいます。
本物なのに、偽者の振りをする様が滑稽でした♪
その後、ミーアの出現でバレてしまい、、危うく撃墜の危機に晒される
のですが、キラのフリーダムが阻止。
念入りに基地にまで攻撃をして、シャトル防衛に全力を尽くします。

この時のキラの攻撃に対して、ちょっとやりすぎの批判をあちこちで
見かけたけど、それだけキラはラクスのことを深く思っていた…キラの
彼女への思いの強さ故のことだと個人的に解釈しました。

確かに、あまり手放しで褒められた行為でないのはわかりますけどね。
ただこういった娯楽作品の中ですし、その中で男が好きな女のために
自分の身を省みず、無茶苦茶な行為に走る
っていうのは、ミーハー
な腐女子でなくとも、世の一般的な女にとってはたまらなく萌え~♪
な展開だと思います。(*^.^*)

「こんなことが許されていいのか!」って憤っている常識派の方々、
残念ながらスタッフのターゲットは、あなた方じゃありません。(^^;

キラやシンの、守りたい対象の為にひたむきに尽くす男気に萌えを感じ、
お財布が空になろうとも、せっせと貢いでくれるミーハー女達の期待を
裏切らない
ことこそが、スタッフの最重要課題であり、戦略なのです。(爆)

まあ、そういうことでここでシリアスに憤るくらいなら、世界で唯一の
被爆国の国民として、宇宙空間とはいえ、戦争において安易に核を使用
する連合(ブルーコスモス)の行為をこそ、非難した方がいいと思います。

核による大虐殺…そういう狂った行為が平然と行われる世界において、
キラやシンのやっていることは、まだしも可愛らしいものじゃないかと
感じるのは私だけでしょうかね…?

ともあれ、ミーハー女としては、萌えを感じる描写には歓喜しつつ、
ツッコミどころは、すなわち作り手の落ち度としてボヤきながらも
見て見ぬフリするくらいが妥当かと…。(苦笑)

とにかく、ラクスが動き出したことで、物語の流れがいっそう大きく
なってきた観があります。今後の展開が楽しみです。(^^)


《…余談です》
どうする? ルナマリア
今回、ちらちらと出ていたルナマリアですが、どうもまだアスランの
尾行で得た情報を、どう処理すべきか迷っている模様。
彼女がどのような判断を下すか、今後の展開にかなり影響しそうなだけに
気になりますね。

ステラの記憶を抹消される二人
ステラのことを損失として諦め、早々に残る二人からステラに関する記憶
を消すよう指示するネオ。
「ええ?もう消しちゃうの~?! ちょっと早過ぎなんじゃ・・」って、
思ったんですけどね。…もしかして、もうこの二人は死ぬのかな?
う~ん…考えたくないけど、つい暗い予測をしてしまいます。(^^;

今月のアニ○ージュの記事
Tプロデューサーの発言によると、デュランダル議長に関しては、

> 世界を平和にしようという目的意識をもった、ええ人だとは思いますけど、
> やり方にヤバいところがないこともない。

ということで、議長完全真っ黒説は否定されたと受け止めていいみたいです。
ただ、やり方には問題ありとのことで、それも含めて今後の展開を見てゆき
たいですね。

新ED
お亡くなりになった方々も交えての、理想の未来図?でしょうか。。。
アスランファンとしては、ただひたすら彼の幸せな未来を祈るばかりです。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

こんばんは。

 シンの中ではステラが連合の兵士であることは殆ど関係ないようですね。おっしゃるとおり、「強者の立場にある者は、その力を行使して、弱者を守る」という意識が強いのでしょうね。

>彼女のデストロイ搭乗は決定事項らしいので、先の見通しもとことん暗くなりそうですね。

 フォウのようにはなって欲しくはないですね。いろいろ過去のガンダムとの比較を取りざたされていますが、そういう予想を裏切った展開を期待したいものであります。
コリオリ.F(ファーレンハイト改) at 2005/04/18(月) 23:48 | URL

忘れておりましたが、ステラが弱者であるということに加えて、基本的に相手の意思や個性を尊重するO型としては、彼女の今の状態が「本人の意思を反映してのことでない」ということも重要だと思います。
あくまで彼女は、戦争の被害者なのです。であるからこそ、シンにとって守る対象になりうるのだと思います。

> フォウのようにはなって欲しくはないですね。

私も痛切にそれを願っています。O型人間であれば、無理やり強制された“死と隣り合わせの戦い”でなく、彼女の“本当の望み=生存”を叶える為に奔走すると思います。状況は厳しいけど、シンにはできるだけ頑張ってほしいものです。
風海 at 2005/04/19(火) 08:37 | URL

通りすがりでちょっとツッコミ失礼いたします。
アスランもたしかO型ですよね。公式設定集に10月29日生まれO型と書いてありました。
でもアスランって生真面目だから、A型っぽくふるまっているだけなのかもしれませんね。
こういう人はタガがはずれると怖いかも・・・(汗)

ちなみに私もO型です。そしてアスラン大好きです。(笑)
小波 at 2005/04/19(火) 21:18 | URL

初めまして、風海です。えっとすみません。(^^;
…当サイトでは、血液型サイトを運営する管理人のこだわりから、アスランは勝手にA型と解釈しております。
蠍座という点を考慮しても、あの性格はどうしてもO型には見えないのです。(^^;
一方で、キラ・カガリの方をO型と見ています。
これまで、「管理者からのメッセージ」で説明しておりましたが、急遽プロフィール欄でも説明文を付け足しました。混乱させてしまって申し訳ありません。m(_ _)m

> こういう人はタガがはずれると怖いかも・・・(汗)

そのとうりです。実際前作では、ニコルを死なせた自責の念が強すぎて暴走してしまい、危うくキラと心中するところでした。無意識に脱出はしたものの、カガリがあの場に居合わせなければ暴走が止まらず、きっと死んでいたことでしょう。
カガリにストレートに間違いを指摘され、叱責されたことにより、自虐のベクトルがそこで辛うじて止まり、彼を生き長らえさせたのだと思っています。
大層真面目&繊細で、なおかつ思い込みの激しいタイプだと思っています。
O型としては、(特に女性関係において)もう少し良い意味での図太さもあってほしいと思ったりします。(…でも無理そうだから、やっぱA型にしか見えないんですよね…苦笑)
風海 at 2005/04/20(水) 10:56 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

昨日の絵があまりにも時間無くてアレだったからリベンジ。リベンジ失敗かもorz忙しかったというのも言い訳ですが、何よりgooブログの調子が悪すぎる。重くなるタイムリミットが23時前だと、仕事帰りじゃ更新がほぼ不可能ですな(´д`)で、他のブログを見た後、もいっかいガ
TrackBacked by 焼きプリン定食 at 2005/04/18 17:22

「ステラ!なんで君が!?」撃墜したガイアのコクピットにステラを見つけたシンは、軍規違反もかえりみず彼女をミネルバの医務室へと運ぶ。なぜ、彼女があんなものに乗っていたのか、納得はいかないが、今はその命を救うことに必死だった。「先生!この子、早く!」し
TrackBacked by 機動戦士銃自由種運命 at 2005/04/18 20:20

 激しく体調不良なんで今週は簡単に書きます。・シン 軍規などになりふり構わずステラを助けようとするシンの姿から、シンの中で「ステラ>軍」というのが浮かび上がります。先週より、カガリよりも軍を選んだ形になったアスランとは対照的です。シンとアスランは今
TrackBacked by ランゲージダイアリー at 2005/04/18 20:40

なんかやたらと回想シーンの多い回でしたね。先週は内容てんこもりで満腹だったんで、なおさら食い足りない感じがしますが……まぁステラが記憶を失っていなかったことが最大のトピックなんですかね。でも個人的には今週はミーア、なんたってミーア。くるくる表情が変化して
TrackBacked by G-FOUR Blog-Stage at 2005/04/18 23:16

 ガイアのパイロットがステラであったこと、連合の強化人間であること、自分の記憶がなくっていたことに二重、三重の衝撃を受けるシン。一方で、混迷する状況を打開すべく、カリスマ指導者ラクスがついに行動を起す。話が複雑だけれども、「ガンダム」ってやっぱりドラマ性
TrackBacked by ファーレンハイト212 at 2005/04/18 23:36

私生活が忙しすぎる。そろそろ肉体的にも精神的にもプッツリ来そうな感じ。よってもっと早く書きたかったのだが頭がいうことを聞かなかったため、皆さんのブログが出揃った頃になってやっと書きかける羽目になった。さて、これでまともな考察になるのか。我ながら甚だ疑問。
TrackBacked by DESTINY追跡日記 at 2005/04/19 00:00

シンとステラの再会が肝な今回。シンが普段から自己中心的・感情的で上官に逆らいまくりなので今回のステラの保護もそのシンの行動と考えれば自然ですね。でも今回は行き過ぎた様子。タリアがシンを怒る場面は初めてでした。でも相変わらず反省の色が薄い…。
TrackBacked by 蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ at 2005/04/19 01:30

ステラたんとラクスというヒロインにフォーカスが当たり、切なくも燃える展開を見せた第26話「約束」。様々な対比構造を見ていくのが非常に面白いのですが、第2クールEDの「LIFE GOES ON」はシンとステラの曲だったことを改めて認識しました。■約束記憶を消されたはず
TrackBacked by 蒼穹のぺうげおっと at 2005/04/19 01:59

今回は本当に楽しかったです。シンは活躍してたしステラはかわいかったし、深海の孤独は聞けたし、ルナもセリフはともかくわりと目立っていたし、名前のないミネルバクルーがいい感じで動いていたし、フリーダムの登場も今回はカッコよく見ることができたし。そんなこんなで
TrackBacked by 暁の空 at 2005/04/19 10:42

ステラザフトに捕まっちゃいましたね~。正確にはシンが勝手に連れていったんですが(汗)なんかよくわかんなかったんですけど物凄い違反らしいですね(焦)いやでもあの場面だったら連れてっちゃいますよね!ステラはシンの記憶消されちゃったハズなのにちゃんと覚えてまし
TrackBacked by * cotton * at 2005/04/19 18:20

 『守る』と『約束』した少女は敵軍の兵士だった。その事実に動揺するも、彼女との『約束』を果たさんとするシン。そして自らの意思の元、一時離れ離れとなるキラとラクスが交わす『約束』。離れ離れの者達の『約束』が強く心をうつ26話。・回収されるガイア ステラと共
TrackBacked by blind project at 2005/04/19 18:28

25話の感想追記を書こうと思っていたのに、あっというまに26話の放送日になってしまった。でもアバンタイトルは、まさに私が25話後半で強く印象づけられたもの。「かあさん」というブロックワードを自ら発してしまったアウル「遺伝子いじるのは間違ってて、これはあり
TrackBacked by 蒼白な月 at 2005/04/19 21:21

「私ももう、大丈夫ですから」「行くべき時なのです。行かせて下さいな。ねえ、キラ」ついに動き出したラクスに燃え。それ以上に「よみがえる翼」でキラが言った言葉を、そのまま自分の行動すべき時に使うという演出が良かった。しかもその二人で話している場
TrackBacked by 一日一音。 at 2005/04/19 22:40

デステニには関係無いのですが、リニューアルしたらしい『世界ふ○ぎ発見』がつまんないです。このミステリハンターの人も好きで、レポートも楽しいんですけど…。クイズ場面(?)がつまらない。この番組好きだから洗濯機も冷蔵庫もテレビも番組スポンサーの製品買っていた
TrackBacked by 思うことを述べよ、煩悩を曝そう at 2005/04/20 00:45

第26話「約束」「ステラ…、何で君が…」のっけから回想しまくりのシン・アスカ。降りて来たアスランを無視し、ステラを抱いてインパルスに乗り込む。いきなりのインパルス帰投に、驚くミネルバ・クルー。ステラを抱いて走るシン。医務室に駆け込むが、連合の軍服を見て戸惑
TrackBacked by salty blog at 2005/04/20 14:22

わいはキングT@KED@。プロデューサーや。二回目やからボケへんで。「だめです、バビ全機追撃不能!」「ガズウート部隊沈黙!」「ちっくしょーここのガラス昨日変えたんだぞ!弁償しろ弁償!」「竹田さん!行かしちゃったらまずいでしょ!」
TrackBacked by 虚辛会日報 at 2005/04/20 14:59

 ・ ステラ可愛いよステラ  ・ シンがいい子  ・ 「深海の孤独」が良すぎ  ・ スティングがステラを忘れちゃう!  ・ ラクスのサイン会  ・ ミーアの「ぁあ?」  ・ 血迷ったか新ED 「深海の孤独」に流されてるかもしれないけど、今日のシンステは最高でした。
TrackBacked by 世界は映画でまわってる。 at 2005/04/25 02:36

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ