第32話:ステラ・・可哀相だよステラ・・・など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

第32話:ステラ・・可哀相だよステラ・・・

2005/06/08(水)(かなり遅れてUP…)
放映時には、すっかり脱力して書く気力を亡くしてしまったので、
かなり時間を置いてのUPです。

とにかく、ステラの死すら、シンVSキラ対決へ持ち込むための材料に
してしまったスタッフに激しい怒りを感じたので、とても素直に
泣く気にはなれませんでした。

全国の腐女子から金を搾り取るだけでなく、こんな見え透いた茶番劇で
涙まで搾り取ろうというのか、F夫妻よ?!

・・なんかそう思ったら、意地でも泣く気が失せました・・
≪↓↓↓≫
最後まで、スタッフに都合良く使われてしまったステラが哀れでした。
かつてのゼーダガンダムのフォウよりひどい死に様でしたね。
彼女は最後にカミーユのことを思い出し、彼を庇って死んだのですけど。
ステラは…せめてシンを救うために、無意識にでも自分で自分を自滅させる
手段でもとってほしかった。

途中…全裸でステラとシンが抱きあうシーンがありましたけど、まだ
死んでもいないうちから、緊迫した状況の最中でのアレには参りました。(^^;
あーいうのは、ステラが死に瀕して、こときれるときにでもやればいいん
です。


ただ見てるだけのアスラン
それにしても、アスランはただ見てるだけでしたね。
ああいう場合、赤服のパイロットが二人も暇を持て余してるのだから、急遽
どこかの基地から量産機でも借り受けるってことはできないんでしょうか?

っていうか、端からスタッフには、アスランをここで出撃させる気はなかっ
たようで・・彼が参戦すれば、キラ一人に全てを負わせ、シンの憎しみの
対象に仕立て上げるのに邪魔だったからなのかな?

もうどこまでも、何が何でも次回以降シン対キラ対決に持ってゆきたいから、
そのためにこの際、邪魔者は排除って感じでしたね。

スタッフの都合最優先で、五体満足なのにもかかわらず、傍観者を強いら
れるアスラン。
あんな酷い状況を目にしてなお、黙々と傍観者でいられるアスランというの
がね…ちょっと信じられない気がしました。

民間人であった時ですら、傍観者ではいられないと言ってユニウスセブンの
破砕作業へ参加を申し出た彼が・・・なんか激しく矛盾してますよね?

やっぱり、キャラの個性・性格<制作サイドの都合最優先・・なんですね。


所詮、アニメなのだし、ハッピーエンドでありさえすれば、多少のご都合主義
には目をつぶりますけどね。でも、こんな悲しいエピソードのときでさえ、
ひたすらご都合主義が見え隠れするっていうのがね。は~(-_-)

ホントに見てて、虚しくなりました。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

いろいろあったので、未だに頭が混乱しています。もちろん、ステラの死に対してもですが、それより何より、スティングのこの扱い…。スティングは……死んだのですか?(号泣)だって、彼は「離脱する!ボナパルト!」って言っていて、死ぬはずではなかったんですよ。なのに
TrackBacked by -SEED・エスカフローネに愛を注ぐ- at 2005/05/30 18:44

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ