第35話:混沌の先に…ダークな笑みを見せる議長と選択を迫られるアスラン。など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

第35話:混沌の先に…ダークな笑みを見せる議長と選択を迫られるアスラン。

2005/06/21(火)(改訂済み♪)
アバン・タイトル(導入部分)は、前回の戦闘の結末から・・。
再び響き渡るアスランの絶叫。
大貫氏の作画だとアスランの顔があまりに美麗で、つい見とれてしまい
ましたね。。。(*^.^*)

ザフトのMSが海中を探索するも、AAは取り逃がした模様・・との報告
を受け、心持ち安堵の表情を見せるタリアさん。降伏勧告といい、やっぱ
この方は、AAを逃がすつもりでいたらしい。。。
≪↓↓↓≫
そして、満身創痍のインパルスで帰還したシンを出迎え、労うクルー達。
ここでまた、しつこくシンとアスランの対立が描かれます。
シンの様子を遠巻きに見て、一人去ってゆこうとするアスランをわざわざ
呼びとめ、挑発するシン。
シンが無遠慮に地雷を踏みにかかるから、とうとうアスランもブチ切れて
グーで殴っちゃいました!
…放置しとけばいいものを調子こいてちょっかい出すから…このお馬鹿。。。

この時のアスランの言動が信じられないとか言ってる人もいたけれど…、
家族に等しい存在を喪ったばかりの人間が、殺した張本人を前にして、
冷静さを保てっていう方が無理ってものですよ。
何といっても口下手で不器用なアスランですから。。。(A型も蠍座も
大人しそうに見えて、実は情熱的で激情家の一面も持ってるし)

特にあんな挑発されたんじゃ、殴りたくもなりますって。
軍人っていったって、機械じゃない。血の通った人間なんですから。
銃でも持ち出して、撃ち殺そうとしたとかいうなら大問題ですけどね。。。

しかも、シン…お前はステラの件ではさんざ私情に走って、命令違反を
繰り返し、あまつさえ返還時には、複数のクルーに暴行を働いた前科のある
身なのだし、自分だって、ステラのことを指して敵だから討たれて当然とか
言われれば、激昂するだろうに…ホントに自分のしたことは棚に上げてって
言いたい!
まあ、自業自得ってことで、一発ぐらいは大人しく殴られておけ・・・
だったりして。

レイがシンを庇う形で正論を吐いていたけれど、何のことはない、彼自身も
クルーゼの仇であるフリーダムを討つ機会を伺っていたのね。
それで、司令部から命令が出たのを幸いとばかりに、上手いこと情報提供
してシンをけしかけたということか。は~(-_-)

「・・個人的な感傷だ。正直困ります」って、自分らもさんざやっといて・・
表向き任務と称しつつ、結局は・・思いの根底にあるのは私怨=おもわず
手を出したアスランと同罪じゃないの。。。

同時にAAとフリーダム撃破は、ギルの布石に欠かせない一手であることも
レイならば熟知してそう。(それを見越しての協力と見た)

その後、シンとアスランが呼び出されたときのレイの表情ときたら…ねえ。。。
後で説明しますが、フリーダム撃破の後にくるであろう一幕を彼は予見して
いる模様。。。


とにかく、このところのシンの扱いが酷いですね。
もはや、猿回し(レイ)のお猿さんに成り果ててます。。。
どうも徹底的にアスランとは、道を違えるように仕組まれている感じ。
アスランの台詞が「キラは敵じゃない!」の一点張りで、ちっとも論理的
じゃないっていうのも、いかにもヤラセっぽくて。。。

アスランfanだから、彼のこと庇ってるとかいう以前に、とにかくキャラ
の扱いが酷すぎる気がするんです。
だいたいアスランがミネルバに来てからの時間経過からいって、シンとの
間にもっと相互理解や歩み寄り等があってよさそうなものなのに、あまり
にもなさすぎですから。は~(-_-)

元より軍に入った動機からして、似たようなものだし、似たような体験
(敵である人間と係わり合いを持った)もしていて、少し腹を割って話せば、
真っ直ぐな気性のシンとは解りあえない方がかえっておかしいっていうか。。。

例によって、何が何でもこの方向へ進めるんだって、制作側のご都合主義、
強引さが目立ちます。llllll(-_-;)llllll ずーん

ステラのことだって、アスランと同じ扱いにするならば、自分の無力さ故に
ステラに再び多くの破壊と殺戮を繰り返させてしまったって、自責の念で
もって、シンが自身の手でステラを討つという展開であったなら、それなら
前作のニコルを死なせた後、アスランが自分で自分を罰する意味で、最も
大事な存在であるキラを手にかけた…という展開に準じると思ったのですが。

でも、制作サイドはシンをアスランと重ねるどころか、まるっきり方向違い
の方へ復讐の刃を向けてしまったフレイと同じ扱いにしちゃいました。
本来なら、ステラを再び戦場へ送り出したネオや連合を恨むべきなのに。

どうも…そんなだから、キャラクターへの愛情が感じられないのよね。
ステラ<シン<アスラン<キラ
なんだか、左サイドのキャラを踏み台にしまくってる感じです。(-_-;)


フェイスのバッジを手に議長の演説を聞きながら、考え込むアスラン。
ここに来て、さすがの彼も議長への疑惑が沸き起こってきたようです。

そして、AAには逃げられたものの、フリーダム撃破の報告を受け、
ついに議長はダークな微笑み全開…ここまでくるとかなり強気ですね。

地球降下後、早速シンとアスランを呼びつけ、新しい機体を二人に披露。
議長は、アスランのあからさまな抗議の眼差しにも動じることなく、余裕です。

「さてと、これが最後のカードとなるか、否か。」
この台詞もあって、どうも議長の思惑が少し見えてきた感じがします。

そもそもアスランをザフトに引き入れたのからして、議長としては、
白のクイーン=最も障害となりうるラクスの戦力を分散させるためだった
のかな?と。。。

分散し、力を弱めたうえで各個撃破を目指す
中でも最強のフリーダム=キラが倒れた今となっては、(ホントはまだ生き
てるけど)既に掌中にいるアスランももはや恐れるに足りず、取り込めない
ようであれば抹殺するのみ。

当初からその筋書きがあったればこそ、AA討伐令を出してなお、アスラン
とも涼しい顔で対面できるのだと。。。

アスランの方も、フェイス任命の折に聞かされた言葉の数々と今の議長の
やってることの矛盾に気がついてるでしょうし、実際AAを討たせておいて、
あんな何食わぬ顔でまったく悪びれる様子もない議長を目の前にすればね。。。

まんまと騙されたことに気づいて・・・次回いよいよ脱走する模様です。


《…余談です》
シンを賞賛するクルー達
ルナもなんだかな~そもそもデストロイを倒したの誰だと思ってるんで
しょう? 
ベルリンをデストロイの脅威から救ったフリーダムをいくら任務とはいえ、
あっさり討ち果たしたシンをなんであんなに賞賛できるんだか・・。
コーディって皆、都合の悪いことは思考停止で済ませちゃうのかな?
・・・この辺の描写は、実に異様で不可解ですよね。は~(-_-)

イザーク&ディアッカ
相も変わらずの過激ぶりです。彼らもまた、議長の言うことを鵜呑みに
してしまうのでしょうか? 
・・再びラクスが動こうとする今、彼らの動向も気になります。

キラ・・やっぱり無事でした♪
カガリによってしっかり救助されてました。しばらく生死不明になるのだと
ばかり思ってただけに、割りと元気な姿はちょっと意外でした。
でも、これでかえってシンのダーク化が進みそうです。(^^;

マリューさんとネオ
ネオの存在意義がいまいちわかりません。AAに収容されたのだって、
いかにもご都合主義な展開だったし。
ネオ=ムウなのはいいとして、そうまでして復活させた意味は? 
マリューさん以上に、視聴者の誰もが困惑気味なのでは・・・。(-.-;)ボソッ

次回予告
メイリンがアスランの為になんと一肌…ならぬ柔肌を脱いで協力してくれ
そうです。いやはや…とっても豪快に脱いでたので楽しみですね。(^^)
そしてアスランが、共に逃げようと手を差し伸べるのは誰なのかも気になる
ところです♪ 

…どうもOPとEDを見た限りではミーアが有力かな? (メイリンには
ルナがいることだし、姉を置いて自分だけ脱走はないかな?)

もともとラクスとは似ても似つかぬ凡人タイプだし、議長の黒さが発揮され
るに従って、徐々に自分のやらされてることに疑問や恐怖を感じ始めても
おかしくないし。。。
なんといっても、アスランが抹殺されるのを見殺しにできるほどの度胸もない
と見たのだけど。。。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

風海さん、お久しぶりにコメントを失礼いたします。

余談のところで、

>>ベルリンをデストロイの脅威から救ったフリーダムをいくら任務とはいえ、
あっさり討ち果たしたシンをなんであんなに賞賛できるんだか・・。

これは私の妄想でしかないと思うのですが、シンを囲んだクルーたちはメカニックさんの服を着ていたように見えるのです。メカニックさんたちは、フリーダムがタンホイザーを破壊した時に、たくさんの同僚が死んだものと思います。なので、フリーダムは仲間の仇と思って、それを倒したシンを賞賛したのかなぁと思いました。
それもまぁ「私怨」なのですがね(苦笑)。

あと、予告のアスランはかっこよかったですよね、久々に!

それでは失礼いたします。
かなで at 2005/06/22(水) 01:42 | URL

> メカニックさんたちは、フリーダムがタンホイザーを破壊した時に、
> たくさんの同僚が死んだものと思います。なので、フリーダムは仲間の仇・・

なるほど♪ 確かにそういう見方もできますね。だったらそれならそうと視聴者にもわかるように台詞を入れるとかしてほしかったと思います。この際「私怨」でもかまわないから、もっと納得させてほしいんですよね。

ただ、あっちも私怨、こっちも私怨じゃ、≪アスラン一人が私情を吐露して孤立→やがて脱走≫の流れに邪魔なので、省かれたのかな?

とにかく、この作品は話が強引すぎて、不自然さが目立つんです。ストーリィの流れに沿わない描写は省きまくり、スルーしまくり・・。
だから余計に見ている端から、こんなの「作りモノだ・ヤラセだ・人間ドラマじゃね~!」とか叫びたくなります。(^^;

> あと、予告のアスランはかっこよかったですよね、久々に!

本当に、脱走のネタバレを知って以来、心の中であと一ヶ月…あと2週間…ってずっとカウントダウンしてましたからね♪ 迷いを吹っ切って動き出すアスランに期待しましょう。(*^.^*)
風海 at 2005/06/22(水) 10:52 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

 ほんとうに今は梅雨なのだろうか、と思うほど今日は暑かった。「DESTINY」の方も、熱い展開がこの先期待できそうな感あり、といったところの「混沌の先に」。 【なんか今日はあつかった】  フリーダムを討ち取り「仇をとった」と言うシンに、アスランは激昂して鉄拳食らわ
TrackBacked by ファーレンハイト212 at 2005/06/21 07:03

第35話「混沌の先に」-ジュール隊は爆発だ!- 感想です。※文字数制限のため、今週はあんまりおもしろいこと書けませんでした…ゴメンナサイ!アバン●爆破したと思わせるためにエンジンを放棄先週のあの大きな爆発はフリーダムの爆発だったんですね。てっきりAAの半分
TrackBacked by -SEED・エスカフローネに愛を注ぐ- at 2005/06/21 07:57

疲労困憊で外出先から5時頃戻って、いつものようにリアルタイムで観ました。見終わった後しばらくイライラが消えなかった第35話。その理由を考えていたら寝ちゃったんですが(笑)アスラン、どうして「アークエンジェル…」の後にまた「キラ…」って言うんだ!?なんで「カ
TrackBacked by 蒼白な月 at 2005/06/21 15:48

いよいよアスランのドン底っぷりもここに極まったか? と溜息をつくと同時にやや胸を撫で下ろしたPHASE35。今週のアスランはもうどうにもいっぱいいっぱいでした。言葉足らずもいいところ。何を言おうとしても口下手な彼は上手く自分の言いたいことを伝えることが出来ずにも
TrackBacked by G-FOUR Blog-Stage at 2005/06/21 21:51

混沌の先に・・・果たして何が待っているのだろう・・・というのを考えさせる意味合いのあった第35話「混沌の先に」、与えられた敵と戦うということ、そして本作のテーマである「それでも人はどうして戦争をするのか」という問い掛けを再度視聴者に問いかけてきた、そんな
TrackBacked by 蒼穹のぺうげおっと at 2005/06/22 01:03

34話の感想を書いたのがとても遅かったため、ほとんど間を空けないでの35話感想です。阿鼻叫喚です。ひどいことになってます。頭が痛い気がするのは二日酔いのせいで、決してアスランのせいではないと信じたい。(35話感想が地獄絵図なのはアスランのせいですが。)※
TrackBacked by 思うことを述べよ、煩悩を曝そう at 2005/06/22 01:38

 前回の白熱した新旧主人公バトルに比べると、消化試合な感が強いが、 後半では新...
TrackBacked by テンプルナイツ -宮殿騎士団- at 2005/06/22 01:47

多分これで完成形です。…多分。とかいっときながら追加あり(コラコラ)今回見直しが殆ど出来なかったのでちょっと甘いかなあ、と思いつつ。それとですね、この部分追記なんですが、今回記事を書き上げてからあちこち回ったんですが、やはり予想通り私の記事はかなり異色な
TrackBacked by DESTINY追跡日記 at 2005/06/22 09:40

第35話「混沌の先に」アバンで早くも種明かし。ネオが飛び出して盾になるとか、空間磁力メッキとか…特にそんな仕掛けも無く、単にタイミングの問題だけだった模様。アークエンジェルはギリギリ潜航が間に合い、損傷は受けたものの離脱成功。フリーダムの上半身はカガリが回
TrackBacked by salty blog at 2005/06/22 17:41

最近、毎週出遅れまくり。ささっと行きます。  
TrackBacked by Sakura*Blog** at 2005/06/23 10:55

「アスランの心、ザフトに在らず!」が、余すところなく表\現されていました。キラが心配で心配で堪らないからって、アスランはシンを拳で殴りました!グーだよ、グー!グーといってもgoodのグーでは
TrackBacked by kasumidokiの日記 at 2005/06/23 20:27

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ