ガンダムSEED DESTINY ~萌え小説・作品解説~ など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムSEED DESTINY ~萌え小説・作品解説~

2005/01/21(金) (06/01/19:改訂)
ついにやおい小説(ギルバート×アスラン)をUPしました♪
(…うちのは主に18禁なので、裏ページに置いてあります…(^^;)
その他、とうとうシンアスも書いちゃいました。こちらはとりあえず、
作品のお披露目も兼ねて、表仕様にして置いてあります。

進むべき道はどっち?!
やおるにあたって、自分なりにアスランの魅力を再検証。
このあたりは、やはり血液型など探求してる人間のサガですね。(^^;
確実に萌えのツボを突き止め、できればその点を外さずにやおりたい♪
料理じゃないけど、素材の持ち味を最大限に活かすのよってか。(笑)
≪↓↓↓≫
前作の「SEED」では一応主人公(キラ)狙いでいたにもかかわらず、
結局50話見ても転べなくって‥。(^^; それが運命ではたったの4話
で気がついたらアスランにハマっておりました。^-^;

どうも‥自称サディストの女にとっては、素直ですぐ泣きまくりのキラ
より、やや強情で頑固そうなアスランの方によりいぢめ甲斐を感じて
しまったみたい♪(苦笑)それも昔から少々自虐というか、諦観気味の
影を背負っているタイプが一等好きなもので♪(*^.^*)

「種デス」においては、父親がもはや戦犯扱いで、本人も一度は傾倒
していた価値観を根底から突き崩され、優秀でありながら、ひどく
挫折感をひきずっているあたりが、実になんともいえなかったりして‥v
さらにあの、真摯にクソ真面目に悩み倒す有り様がね~♪ もう最高v
おもわずプリンス・ナヤメル様♪とお呼びしたいくらいv(爆)

ただ、あの優しげな美少女顔で、あの経歴だとどうしても士官学校
時代には、すでに上級生に回され放題、関係を結んだ男は数知れず…
といった妄想をしている腐女子系サイトの多いこと。。。(=^ェ^;=)
どうかすると実の父親にまで、やられていたりする始末。。。は~(-_-)

まあ、読む分には底なし・天井知らずな感性の魚座人間なので、
ソフトからハードなのまで、わりと何でもいけるクチなのだけど…
いざ自分で書くとなると。。。(^^;

とりあえず、自分の進むべき方向性を再確認しておきたいのだ。
私はアスランというキャラに、果たして何を求めているのかと。。。

そこでよくよく思い返してみれば、私は少し前に緋村剣心という男
にもハマっていたのである。

やはりアスラン同様のA型系頑固で強情そうなタイプで、元・人斬りと
いう苛烈な過去を背負う男。
彼と比較した場合、年齢差もあるが、育ちの違いが一目瞭然。。。

幼少時に流行り病で親を亡くし、人買いに売り飛ばされる途中で
野盗に襲われ、あわや皆殺しになりかけたところを、飛天御剣流の
師匠に救われるも、14の年には、暗殺者という薄汚い裏家業に
身を墜とし。。。
行き着く先は「初代ガンダムネタ」=愛する者を自ら屠る…という
タチの悪いアレである。。。

という訳で、剣心にはそれだけの修羅場と地獄をくぐり抜けてきた
だけの半端でないしたたかなものがある!
それゆえ剣心の場合は、「過去に同性の情人がいてもおかしくない」
とかなりマジで思い込んでたわたくし。。。(^^;

一方のアスランは、不在がちとはいえ、ちゃんと両親の揃った上流
階級の家柄に生まれ育ち、キラと共に幸せな幼年期を過ごし、
エリートコースをまっすぐ登りつめてきたエリート中のエリート。

…やはり、どう考えてもアスランには、剣心ほどの海千山千の
したたかさを感じない。。。
イザークなどにややキツい態度を取ることはあっても、あれは彼の
個性のごく一部であり、全てではないことは明白な訳で…普段の
思考形態や行動など、どれをとっても、まだまだ擦れたところの
ない、年相応の純粋さ
をかなり感じる。(*^.^*)

いろいろ考えた挙句、腐女子ならとりあえずハマりそうな士官学校&
ザフト内部での妄想等はあえてしないことにしました。(^^ゞ
だって、それって既に剣心で妄想しつくしてた世界だし。。。(笑)
腐女子歴のまだ浅い、お若いお嬢さん方と違って、流石にいい年こいた
熟女世代としてはなおさら、剣心とは違う、アスランならではの
魅力を追求してゆきたい
ので。。。

この際、O型オンナの甘いドリームと笑われようと、できるだけ
汚れのないピュアなアスランを美味しく堪能したい♪ということを
念頭に置いて、辿り着いたのがギル×アスなのよね。(*^m^*) ムフッ

キラを相手にした“真性ホモ”というのもちょっとパス。
その昔、某作品で双子の兄弟でホモるのが流行っていたせいで、
近親相姦に近いものには、拒絶反応がでるんです。( ̄_ ̄|||) どよ~ん
(親友というより、兄弟同然に育った仲とあってはね…)

角川から出ている「SEED」の小説版を読むと、異常なまでに
キラに執着している感じが強いので、誤解しそうになるけど、
あれは弟を案ずる兄の心境だと思えば別におかしくないし。。。
また受け専門なため、女性以外でアスランを攻めにするのも、
絶対NG!
あくまで、原作のままの“カガリが1番”のノーマルな彼を
押し倒す
のよ♪(ΦωΦ)ふふふ

しっかし、軍人である彼を同意を得ずに押し倒すのは、容易なこと
でないので、ちょっと原作の鬼畜な設定を借りることに。。。(^^;
まるでやおるために用意されたとしか思えない設定なので。(爆)
ちょっと良心が疼くけど、もうこの際だから、しっかり利用させて
もらおうっと♪(;^_^A あせあせ
(そんな訳で、1作目「墜天の呪縛」が生まれたのでした)

ちなみに管理人は、本質を表す太陽が魚座で、知性を司る水星が
牡羊座、実際の行動を司るAD(アセンダント=上昇宮)が山羊座
なんですけど。。。

魚座は恋愛至上主義且つ濃厚エロモード派なので、キャラにハマっ
たが最後、どうしてもやおらずにはいられなくなるんですよね。(苦笑)
しかも、牡羊座は、やや過激でデンジャラス(危険)嗜好だし、
山羊座は真面目テイスト嗜好なサディストだし。。。(爆)
…という訳で、ストーリィは、しっかりそういう方向性になって
ます。(^^;

デュランダル議長に関しては、32才、蠍座AB型だそうで、
まあ、アスランと同じ蠍座なら、気質はもとより肉体的な相性も
バッチリだわ♪
などとつい、呑気に思っちゃいました♪(笑)

で、自分よりはるかに大人の男性相手とあっては、多少弱さを
曝け出すことになってもダメージ極少ですむかなって感じで
この方を引っ張り出した次第です。(^^;

やっぱり男ってプライドにこだわる生き物だと思うから。。。
ことさらに“男気”というのを尊重したい牡羊座としては、
ぜひともキープしておきたい部分だったりします♪♪(心ならずも
関係を持ってしまっても、完璧恥にならない‥男としての面子や
自尊心が粉々にならずにすむ設定っていうのにこだわりたいのです)

このあたりはもう、受け専オンナならではのこだわりでもありますね。
攻めキャラでなく、もっぱら受けキャラに異性としての魅力を追求
する方なので。まあ、普通だったら、抱かれたい男=攻めキャラで、
自己投影しやすいキャラ=とことん愛されまくりな受けキャラ
いう図式になるのでしょうけど。(=^ェ^;=)

私の場合は、大多数の腐女子の傾向とまったく違い、攻めの方は
かなりどうでもよくて、受けキャラのみに萌えを注ぎ込むタイプ
なんですね。(ですから、攻めキャラに男としてのカッコ良さとか
求める方には、あまりご期待には添えないかと‥(゜゜)(。。)ペコッ)

とにかくそういう訳で、受けキャラとしてのアスランを壊さない範疇で、
ことさら男女の営みとはだいぶ趣きの異なる、…やや背徳の香りの漂う
ものにできたらいいかな~と思ってます。

そうそう、小説を読んで知ったのですが、コーディネイターは、
15才で成人扱いになるそうです。それで15才で出征=軍属に
なりうる訳です。(どこまでも腐女子には美味しい設定だ♪)

付け足し♪
この度、とうとうシンアスも書いちゃいました。シンアスをなんとか成立
させる為だけの特殊なこじつけ設定(笑)を用意してのスタートです。
ブラコンで兄属性のアスラン相手にラブラブモードにもってゆくには、
甘え上手なO型で弟属性にもなりうるシンってば、かなりハマリ役ですし♪

だいたい甘えるのが下手でそれなりにプライドも高いアスランの場合、
相手の方からある程度折れてくれないと、苦しい気がするんですね。
特に獅子座でアスランと同じくらい気位の高いイザークの場合は、
キラのように上手くアスランに花を持たせつつ世話を焼かせるような、
(ある意味名を捨て実を取るような)子ずるい部分てのがなさすぎなの
がネックだし。(アスランが女で自尊心なければ、問題なしだろうけど)

キラの場合は、甘えない・頼らないイザークと正反対で、どうかすると
やたら甘えすぎな感じ。それも子供時代ならいざ知らず、いついつまでも
寄り掛かっていたんじゃ、ホントに子ずるさが過ぎていやらしいキャラに
なりかねないし。
また、キラが相手だとあまりに近すぎて、互いに馴れ合いに陥りかねない
のもね‥。(近すぎても遠すぎてもダメって感じかな‥)

あくまでこれらは管理人のイメージにすぎないけど、凝り性ゆえに
上の二人に関しては上記のような問題をクリアできなくて、結局シンに
落ち着いたってとこですね。(^^; 
(ホントに読む分にはアス受けであれば、けっこう何でも≪逆バージョン
と近親相姦以外は≫こだわらずに読む人なんですけど‥人様の圧倒的な
妄想パワーに比べたら、うちはまだまだパワー不足を実感してます‥orz)

それに、なるたけアスランのA型的奥ゆかしさや不器用さを愛でたい
管理人としては、ちょうどシンなら年齢差もあるので、後輩として上手に
甘えて、アスランのプライドをあまり傷つけることなく、いい感じに
彼の中の世話好きなM気質を直撃してくれそうな気がしたんですよね。
一方で、O型の大らかさと同時に乙女座の細やかさを持つ彼は、精神的
成長と相まって、ただ相手に依存するだけでなく、持ちつ持たれつの
いい関係を築いてくれるかな~と思っています。(^^)

ただこちらでは、ギルアスと違って、ラブラブモードを目指すので、
かなり恥知らずなO型女の本領発揮して、きっとO型以外の人達は、
あまりの恥ずかしさにのたうつ内容になること必至です。(爆)
それと、本編ではあまり男としてぱっとしないままだったシンには、
ぜひアスランの為に、男気を貫いてほしいと思っています。(*^m^*) ムフッ
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。