第43話:祝★種割れ♪&失神・流血アスランに禁断の萌え~♪など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第43話:祝★種割れ♪&失神・流血アスランに禁断の萌え~♪

2005/08/16(火)(その後少々改訂♪
お盆セールが無事終わり、やっと一安心というところです。
それにしてもアスラン、ついに今作初の種割れを披露してくれました♪
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

苦節43週、10ヶ月目にして・・・ついに・・・いや~アスランfanに
とっては、実にめでたいことです。\(^-^)/
≪↓↓↓≫
メイリンが不安げに見守るなか、NEWジャスティスで出撃するアスラン。
すぐさまマードックさんがブリッジへ連絡し、止めさせようとするが、
そこへ訪れたラクスが艦長のマリューに、あえて静観をと願い出る。

そしてその頃、キラは、シンとレイ、二人の攻撃に晒され苦戦していた。
シンのディスティニーがフリーダムをロックオンしたまさにその時、
アスランがジャスティスで駆けつけ、両者の間に割って入る。
死んだと思っていたアスランに呆然とするシン。

そして・・アスランのシンへの説得タイム≪Part1≫(‥たぶん)。
やっぱりアスランはシンにかつての自分を重ねていて、自分の過去を
回想しながら、シンにあれこれと語りかける。
前作での戦いで、敵というだけで親友のキラと戦い、キラを討つに
至った自身の経験から、シンには同じ道を辿らせまいと必死なようです。

しっかしなかなかシンちゃん、意地っ張りで、容易く攻略されてくれ
ません。(;;) 最初は、ただ混乱し、戸惑うばかりだったけど、
痛いところを突かれて、絶句しつつもやがて感情の波がピークに達し、
種割れと同時にアスランへ猛突進!
しかし、アスランも怯まず種割れ。突進するシンの刃をかわしざま、
逆にシンへ見事な一撃を決める。

やっぱ覚悟を決めたアスランは強いです。・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・
戦士としての適性が高く、本能と直感、高い瞬発力等で天才的な力を
発揮するシンやキラ(共にO型)と違って、努力家であり、冷静な判断力
と正確無比な技術力でいったら、アスランの右に出る者はいないでしょう。
そこへ持ってきて、確固とした揺るぎない意思の力が加わり、底力を発揮
するのがアスラン(A型)だと思います。(*^.^*)

アスランの強さを改めて見せつけられ、唖然となるシン。
ちなみにO型としては、身内・仲間内への信頼は人一倍強く、その分
裏切られたと感じたときのダメージも大きいんですよね。
また、乙女座としては、乙女の処女性=潔癖症からくる批判精神の強さが
あって、細やかさ=緻密な分析能力と相まって他者の間違いなど目ざとく
見つけ批判するのは得意でも、逆に自分が非難の的とされると、たちまち
繊細でナイーブな神経が悲鳴をあげてしまう・・。は~(-_-)

‥どうも木を見て森を見ず‥というか、ステラを失ってからというもの、
喪失の痛みがさらに重なりあって、今のシンは近視眼的になりすぎてる
気がします。12星座の中で、一番細やかで几帳面なのが乙女座だし、
おそらくは、あまりに細やかすぎて、自分の傷口しか見ていない感じ。
(レイが意図的にあれこれ吹き込んでるせいもあるけれど・・・)

「私ってなんて不幸なの・・」って、自分の痛みに埋没するのは、ヒロイン
ならまだしも、ヒーローとしては視野が狭すぎて、見ている方が非常に
イタイですしね。(^^; 
‥少々手厳しいかもしれないけど、喪失の痛みを背負ってるのは、自分
だけじゃない
ことに早く気づいてほしいです。

とにかく、議長の黒さと共に、アスランがなぜザフトを離反したのか、
その理由をきっちりシンが納得しない限り‥そして、≪裏切り者=敵
という彼の認識を変えない限り、説得は難しいように思います。(^^;

一方、混乱の最中、ジブリールはセイラン家のシャトルを使い、宇宙へ
脱出を図る。それに気づいたオーブ、ザフト両軍共にすぐさまシャトル
追撃を命じるが、辛くも取り逃がしてしまった。
タリア艦長は、ジブリールの逃亡を見過ごしたことで、これ以上の戦闘は
無意味と判断。全軍に撤退命令を下す。

戦闘終了と共に意識を失い、海に落下しそうになるアスラン。危うい処を
キラのフリーダムにキャッチされ、AAへ帰艦。ヘルメットを脱がされた
アスランの頭部の傷口からは多量の出血が・・。(>ω<)
あれだけ無茶な空中戦をやれば、過酷なG(重力加速度)に晒され、傷口も
開きますって・・。(;-;) でもこの流血アスランに禁断の萌えを感じて
しまった腐女子はきっと私一人じゃないはず・・。(=^ェ^;=)

再び医務室のベッドに寝かされたアスランに付き添うメイリン。
(前回から、すっかりアスランの世話係と化してるこの娘も健気だ♪)
そして、その傍らにはキラ&ラクスの姿も・・。

とりあえず、今回この二人が傷の癒えきってないアスランをあえて出撃
させたのは、アスランに自分の存在意義というのを再認識してもらって、
早々に足元を固めておいてもらいたいという想いがあったのでしょうか? 
ザフトを脱走し、心身共に傷を負ったまま、いかにも心もとないままで
あっては、今のこの情勢の中、何より本人の為にならない(=したたかに
生き残ることができない)と判断したのかな?

か~な~り、荒療治だったけど、それでも一時は死にたい‥とまで
落ち込んでいたのが、見事再浮上できたのだから・・ま、いっか♪^-^;

でもホントにコーディネイターって、肉体的にはナチュラルより余程頑丈
にできてるんだというのを実感。
・・なんだかんだいって、その日の夜には、また起き上がれるまでに回復
しちゃうんだもの。(-。-) ボソッ 

「でも良かった、またこうして君と話せる日が来て・・」

でもって、キラの前だとアスランが年相応に見えるところが可笑しかった。
普段は気を張って、彼なりに精一杯背伸びしている感じ。
キラの台詞を受けて、おもわず横を向く・・やや拗ねた態度が可愛い♪ 
キラには素直に喜ばしいことでも、アスランにとっては、出戻りの嫁みたい
で罰が悪いってか。(爆) こ~いう希少な≪素のアスラン≫を拝めるのは、
キラと一緒にいるときだけかな。ププッ ( ̄m ̄*)

「平和な時は当たり前ですぐ忘れちゃうけど、そういうの本当は、とても
 幸せなことだって・・」

・・シンとも早くふつーに話せるようになるといいね、アスラン♪


《…余談です》
オーブ代表として、立派に指揮をとるカガリ
国防本部へ乗り込んだ後は、ジブリールの捜索と平行して、防衛線を死守
すべく、的確な指示を出していました。ミネルバの信号弾を受け、
「退くというのなら、追撃はしない。全軍に徹底しろ!」
あくまで専守防衛・・ユウナと違って、無駄な犠牲は極力避ける方針です。
本当に男の子と見まごう程の凛々しさでした♪

本物VS偽者対決
カガリのオーブ代表としてのメディアを使っての声明を途中からミーアの
狂言演説が遮る。しかし、その後本物のラクスがカガリの傍らに登場。
ついに本物と偽者、全面対決となりました。この展開には議長も完全に
意表を突かれたようです。
アスランの復活を見届け、自らも撃って出る決意を固めたラクス。次回、
両者の対決がどうなるのか楽しみです。o(^-^)o

こちらが本物?!冬ソナもどきのネオマリュ
ネオはスカイグラスパーで、ミネルバと相対するAAを支援。被弾して
緊急着艦する際、以前の記憶が断片的に甦る。・・どうも前作で瀕死な
状況に陥った後、記憶喪失となり、別人の記憶を植え付けられたのかも・・。
連合としては、エンデュミオンの鷹を自軍に取り込み、利用できて好都合
な訳だし。・・そうなるともう、まんま冬ソナですよ。(苦笑)
戦闘終了後、夕日に照らされた甲板上で抱き合う二人。マジで冬ソナを
思わせる光景でしたv

ユウナ、ホントに死す?!
ホントにあれで死んだのであれば、意外とあっけない最期でした。これで
セイランの支配力がなくなれば、カガリには随分やりやすくなるでしょう。
でも本当に芸のないスタッフほど、あっさり殺してお終いにしたがるよう
で・・ストーリィとしては、いささか萎え・・ですね。(^^;

タリア艦長はどこまで真相に迫れるのか?
そういえば、タリア艦長は≪ジャスティスの登場=アスラン生存≫と捉えて
らっしゃるのでしょうか?
ミーアが偽者であることも知らなかったみたいだし、意外と議長の黒い部分
とはまったくの無関係・・ということは、今後の展開次第で、充分造反も
ありえますね。楽しみです♪
(あと、ルナも早く、メイリンと再会してほしいです)
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

あ、私です!(立候補)
キラを跳ね飛ばしてパイロットスーツを脱がせそうな勢いでした(笑)
血にきゃーきゃー言いつつ、結局萌えているという・・・^^;

私もキラと一緒のアスランはカップリングというよりは『素』な感じで好きですv

風海さん、お盆にお忙しいのですね・・・お仕事お疲れさまでした!!



水瀬 涼 at 2005/08/17(水) 00:19 | URL

風海さんこんばんは。
苦悩・包帯・朦朧・気絶・流血(そこまで誰も言ってない)のアスランに禁断の萌えを感じました(笑)。
上の水瀬様(勝手にごめんなさい)も萌えてらっしゃったようで仲間がいて嬉しいです。

ユウナは本当にひどかったです。カガリのライバル(?)として設定したはずの彼をこうまで駄目男に描くということは、カガリ好きとしてもがっかりしてしまう演出でした。カガリはユウナを貶めなくても成長するキャラとして物語を進められたのではと、今更ながらに思うのです。

長々すみません。失礼いたします。
かなで at 2005/08/17(水) 00:39 | URL

やっぱり、後ろめたさを感じつつ‥萌えちゃいましたか?(*^^)人(^^*)ナカマ
戦闘中は生汗ダラダラ、終了後は血がダラダラ‥でしたからね。(*^m^*) ムフッ

> カップリングというよりは『素』な感じで好きですv

私もあの二人での801は苦手で‥互いに重度のブラコン(特にアスランの方)だと思ってます。(^^;

それから、仕事のことまでお気遣いいただき、有難うございます。(゜゜)(。。)ペコッ
盆も正月もない‥サービス業の宿命ですね。(^^;
風海(管理人) at 2005/08/17(水) 10:34 | URL

やっぱり、アスランfanは、萌えポイントは皆同じなようで、ご賛同いただき嬉しく思っています。(*^^)人(^^*)ナカマ

ユウナに関しては、案外某キャラ(?)みたくサイボーグにでもなって、執念深く生き続けるかも‥なんて言ってる方もおられましたけど‥。(^^;
いくら時間ないからって、おそらくは、前大戦後2年にわたって続いていたと思われるセイランとの確執を、こんなにもご都合主義な3段飛ばしで終わらせていいのかって、気がしますよね。(-_-;)

アスランとカガリのことも≪ご都合主義な3段飛ばし≫で終わらぬよう、祈りたいです。(^^;
風海(管理人) at 2005/08/17(水) 10:49 | URL

>こ~いう希少な≪素のアスラン≫を拝めるのは、 キラと一緒にいるときだけかな。
ほんとそうですね~~
やはり一番人間味があふれているのがアスランですね。

Wラクスの演説合戦の後、時計が2倍速くらいで進みそうな気もしますが、《3段飛ばし》にならないように、私も祈りたいと思います。

たいむ at 2005/08/17(水) 18:05 | URL

嬉しいです。ここにもアスラン萌えのお仲間が~♪(*^^)人(^^*)ナカマ
やはり、A型も蠍座も閉鎖性の強いタイプで、滅多な事では本来の自分を出せない方だと思うので、アスランがああまで遠慮会釈もなしに言葉を交わしたりするのは、たぶんキラぐらいだと・・。(^^;

> Wラクスの演説合戦の後、時計が2倍速くらいで進みそう‥

そ、それは充分ありえそうで怖いです。(;>ω<)/
アスカガも含めて、シンへの説得も曖昧にならないといいですね。(^^;
風海(管理人) at 2005/08/18(木) 04:15 | URL

はじめまして。こんばんは~。
43話のアスランに萌えた方がこんなにいらっしゃって嬉しい~。種割れで悲鳴,ふうっと気を失うところで絶叫。そして血だらけの場面で絶句してしまった私。土曜の6時は私の血圧も上がりますわ。
個人的にアスランとメイリンという取り合わせも悪くないなぁと思っているのですが,カガリがずっと司令部にいるのも少し淋しいですね。この2人にも「ゆっくり話せる」日が早く訪れて欲しいものです。
玻璃 at 2005/08/18(木) 23:38 | URL

今週のアスランは最高でしたね。
気絶アスラン、流血アスラン・・・それでも、艶っぽいなんて!!
男にしておくのはもったいない。

ストーリーが破綻していると感じざるえない今、キャラ萌えするしかもうありません。


あと・・何回やっても、こちらからのTBが反映されなくて・・(涙)で、すでに前の話から反映されてなかったのですね・・何故~~(泣)
頂いているのに、本当に申し訳ありません。
アスランスキーとしてコレからもよろしくお願いします。
ミルキー at 2005/08/19(金) 00:06 | URL

こちらこそ初めまして♪ 今週はさすがに初種割れと相まって、萌え仲間が次々と名乗りを上げてくださって、とっても嬉しいです♪(*^^)人(^^*)ナカマ

> 個人的にアスランとメイリンという取り合わせも悪くない‥

私も多少はそう思ったクチなのですが、どちらかというとメイリンにはヴィーノの方が、より大事にしてもらえそうな気もするし‥。(だいたいニブチンのアスランには、自分がモテているという自覚なさすぎ‥(^^;)

> この2人にも「ゆっくり話せる」日が早く訪れて欲しい‥

ホントにそうですね。ぜひナチュ&コーディの和睦の象徴になってほしいですv
風海 at 2005/08/19(金) 16:20 | URL

こちらこそ初めまして♪

> 気絶アスラン、流血アスラン・・・それでも、艶っぽいなんて!!

わ~い‥★ここにもお仲間が♪(*^^)人(^^*)ナカマ かなりSモードなアス受け801小説を書いてる人間には、実に堪能し甲斐のある内容でしたv(爆)

> ストーリーが破綻していると感じざるえない‥

本当に、反戦その他のシリアスなテーマを内包しているといいつつ、実際は全国の腐女子達へ萌えネタを提供してるだけなんじゃないの?って思わざるを得ませんよね。(苦笑)

TBに関しては、何やらご面倒をおかけして申し訳ありません。おそらくFC2のシステムエラーではないかと‥。(^^;(私も別のブログですけど、同様に何度やってもTBが送れなかったことがあります。念のため、出会い系のスパム対策として、以前登録しておいた禁止IPリストなどをリセットしておきました)

こちらこそ、懲りずにどうか今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _"m)ペコリ
風海 at 2005/08/19(金) 16:26 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

PHASE-43 「反撃の声」 本当に守りたかったのものは何か・・・アスランの問いにシンの瞳が惑う。そして、真実の歌姫の声が響く時、議長のシナリオに破綻が生じる。偽りの戦いへの反撃の一声が・・・怪我を押してジャスティスで出るアスラン。止めようとするAAクルーにアス
TrackBacked by + SERAらく日記 + at 2005/08/17 00:26

思いついたように引用してみる。なまの人生は、自分で、自分のがらに適う舞台をこつこつ作って、その上で芝居をするのだ。他人が舞台を作ってくれやせぬ。司馬遼太郎『竜馬がゆく』(私が持っているのは文春文庫のです)アスランは果たしてキラとシンを結び付けられるだけの
TrackBacked by 思うことを述べよ、煩悩を曝そう at 2005/08/17 00:29

PHASE-43 反撃の声 祝!アスラン!! SEED-Dにて初めての種割れです
TrackBacked by たいむのひとりごと at 2005/08/17 17:54

#43 「反撃の声」スカイグラスパーに乗って「えぇぇーーーい!」って言ってる時のムウさんの顔が変。目が離れすぎ・・・・なんだと思う(苦笑)ムウさんとしての記憶、戻りつつあるのでしょうか。ムウマリュ切ねーなぁ、なんて思いながら二人...
TrackBacked by 萌-モエドコロ-処 at 2005/08/17 20:37

43話「反撃の声」反撃の声はアスランからシンへ、カガリからデュランダルへ、そして、ラクスからミーアへ。今回はいつも通り、熱く楽しませていただきましたし!材料も揃っていたので、感想もあっさりめでいこうとおもいますです。☆「ザフトの坊主」アスラン、重傷の体を押
TrackBacked by Seed Clips Diary at 2005/08/17 20:45

 ここまでストーリーの中心からちょっとおいてけぼりの感のあったシンですが、殺したと思っていたアスランのシンへの必死の呼びかけにより、これから転機を迎えるのか?と期待を持たせた「反撃の声」。  「DESTINY」が始まった当初に、彼が叫んだ言葉。「また戦争が
TrackBacked by 暁のSTARSHIP TROOPER (ファーレンハイト212 Version2) at 2005/08/17 21:12

まずはお盆休暇のために記事が遅れた事をお詫びいたします(ぺこり)いや、ネットに繋げないだろうと思っていたら多少は時間と環境が許したので、残りのコメントレスだけは軽くつけさせてもらったのだけれど、さすがに放映は見られず、自分が見て記事を書くまでは他のブログ
TrackBacked by DESTINY追跡日記 at 2005/08/18 17:27

私は、反撃の声をあげたのはラクスだったんだなあ、と思いました。これからラクスvsミーアが行われるのでしょうが、その時ラクスがラクスである証明をするのはアスランになるのでしょうか。発言者:
TrackBacked by kasumidokiの日記 at 2005/08/18 18:37

ついに迷いを振り切って出撃するアスラン!今回はあっさり目にいきたいと思います。■今日の叫び?.1ユ、ユウナー!!! 死んじゃったの!? えーーーー!?なんだかなぁ。この展開ってどうよ?前回ユウナを批判する記事を書いちゃったもので、やたら後味わるいじゃないか。(
TrackBacked by 蒼白な月 at 2005/08/19 00:14

第43話「反撃の声」まずは、前回のおさらいから。ただし、ジャスティス発進がらみで、若干新セリフあり。メイリン「アスランさん」マードック「おい!こら~ぁ」  「かんちょ~ぉ!ザフトの坊主がモビルスーツに!」マリュー「ええっ?あの身体で?」  「そんな、無茶よ
TrackBacked by salty blog at 2005/08/19 01:47

先週の熱いオーブ戦をバトルエンタメの前半とするならば、今週はまさに後編、というくらい熱いバトルエンタメを展開しつつ、Bパートではオーブ戦を終結に導く、そして待ちに待っていたカガリ、そしてラクスの演説で絶妙の引きを見せた第43話「反撃の声」。それにしてもア
TrackBacked by 蒼穹のぺうげおっと at 2005/08/20 01:33

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。