第50話:戦い終わって、日が暮れて・・・(^^;など、「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50話:戦い終わって、日が暮れて・・・(^^;

2005/10/03(月)(その後、追記に感想を追加♪)
萌え小説に時間を取られ‥実に久しぶりの感想でございます。<(_ _)>

なんだかずいぶんあっけなく、終わっちゃいましたね。
こんなにあっさりと終わるとは・・・やっぱりものすごく駆け足で流して
お終いになってたように思います。

あれだけ、ギルに心酔しきっていたレイが、いともあっさりとキラの言葉
に感化され、ギルを手にかけてしまったり・・・。

もっと葛藤しろよ!!

シンとアスランにせよ、まったく平行線のまま、いったん力で捻じ伏せた
だけになってしまってたし・・・。

結局、壊れたまま、気持ち立て直せないまま、アスランにやられるだけ
やられたって感じ。

一応の主役だったにしては、あまりに情けなさすぎ・・!
≪↓↓↓≫

タリアさんにしろ、自分の意思で動き出すの遅すぎ!
ミネルバが戦闘能力を失い、退艦せざるをえない状況になってから、
おもむろに動き出して‥これもあっさり息子を遺す形でギルバートの最期
に寄り添う道を選んじゃって・・・。


何もかも消化不良のまま、カタチだけ終わってみせた感じですね。
ラストに向けての描写不足が多すぎて、長い物語が完結した充実感の
カケラもない感じ。

もっといっぱい盛り上げて、盛り上げて、溜めに溜めていってほしかった。


だいたい、そもそもの初めから、この作品では美形キャラ=美少年を一杯
並べ立てて、腐女子の囲い込みにばかり、精を出して・・・。
男性諸氏にはイマイチ感情移入しがたいキャラばかりにしちゃって・・・。


だいたい、両親だけならともかく、妹まで・・家族全員殺してしまったり
するから、シンは主役クラスなのに、当初から壊れ気味で・・・。
ステラを死なせて、さらに壊れまくるし・・・。

腐女子ならともかく、あれで男性ファンに同性として好感を持てっていう
のはかなり無理があるかと・・。
(フレイの時はやっぱ女性だったから、まだマシだった気がします‥)

アスランにしろ、女性受けを狙ってか、ひたすら悩んでばっかで・・・。

キラは出番自体が極端に少なめで、こちらも感情移入しにくいキャラに
なってたし。

メインの3人が3人とも、腐女子向けにカスタマイズされすぎてて、
それ以外の男性やお子様にはとっつきにくいキャラに成り果ててたし。(^^;

まあ、腐女子を取り込み、金を搾り取るのにだけは成功した作品なので
しょう。
私自身、しっかりアスランの色香に血迷ったクチですから・・あんまり
言いたくないけど、作品としてあまりに情けないまま終わってしまって、
なんだかな~って感じなんですよね、今の気持ちとしては。(ため息)

《…余談です》
ステラとシンの‥例のシーン
「アムロとはいつでも遊べるから‥‥」のつもりなのでしょうか?
ステラはいつからニュータイプになったのか?(苦笑)
ステラの魂がシンのあまりの不憫さゆえに、彼を救いにきたのかな?
(しかし、これもステラfanにDVDを買わせる為の1コマにしか
見えないのよね。(^^;)

アスランにしろ、シンにしろ、死なないでくれて良かったけど、あんな
に問題未消化のまま終わっちゃって・・。
ここまで投げまくってお終いだなんて、ずいぶん無責任な気がするのは
私だけでしょうかね・・・。


とりあえず、今日まで当ブログにお付き合いくださった方々にはお礼を
申し上げておきます。本当に有難うございました。<(_ _*)>ぺコリ

アスラン萌えはまだ続くと思うし、暫くはこのままマンガなどを語り
続けてゆくと思います。(^^)

ちなみに毎週チェックしてるのは、ブリーチ、デスノート、H×H、
ディー・グレイマン、からくりサーカス、犬夜叉、ワイルドライフ、
メルなどです。

==============================================================
放映直後にざっと書いたのが上の文で、その後、他人様の感想をも
ひととおり読んだ後で、改めて思ったことを少し書いてみます。(12/5)

シンは、結局、戦争被害者で可哀相な子供のままでした。
物語を通して彼の成長をも描いてくれたら良かったのに。
さんざ落として「それではダメだ」と叱っておしまい。何がダメで、
どう正せばよいのかまで描いてくれなきゃ、やり逃げだろうに。

アスランが悪いんじゃないと思う。彼は元々不器用だし、口下手だし。
スタッフ=書き手に最後までやらせる根性がなかっただけ。
彼は彼なりに、一貫してシンのことを見捨てず見限らず、辛抱強く説得
してくれた。その点は責任感の強い彼らしいし、評価に値すると思う。
まあ、状況がアレだったせいで、最後はああいうことで打ち止めに
なったけど。アスラン自身はまだまだ見捨てていないと思いたい。

あとレイ。
彼に関しては、こちらのブログで見事な解釈をしてありました。
彼は、議長から自分の出自を知らされた後、ずっとラウになるべく、
可能な限りラウを演じていたのだと。
‥おそらくは「君もラウだ」と言って薬を手渡されるシーン以降。

だが、彼自身の本音はチラチラとステラ救出前後でつぶやかれている。
「どんな命でも生きられるのなら、生きたいだろう‥」
本来の自我と議長の為、ラウの身代わりであろうとするギャップから、
人格が微妙に不安定化していったのでは?

とことん無邪気な可愛らしい笑顔をときたま見せていた‥やけに幼い印象
の彼=あちらが本当のレイだったのかな?
キラの言葉が引き金となって、無理矢理封じ込めていた本来の自己が噴出
した揚げ句、議長を撃ってしまった。
で、撃ってしまった後は、すっかり本来のレイに戻ってしまっていた。
その辺の不安定さをもっとしっかり描いてあれば、と思いましたね。

これまで何度か、別作品で似たような境遇キャラを好きになったことが
あるので、薄々彼も寿命が短いのでは?と感じ、当ブログ内でも疑惑を
書いてきました。

監督は、最後の選択はレイにさせたかったといってたけれど、それなら
尚更‥もう少し彼の心情がわかる描写がほしかったです。

レイやタリアさんの死は本当に残念でした。議長は一人で死ぬべきだった
と思う。心中を美化するような描写はあまり好きになれませんでしたね。
タリアさんには、子供の成長を見守りつつ、生きて彼の菩提を弔って
ほしかったし、レイは本当の自分の生(ピアノ三昧な芸術家?)を、
たとえ僅かでも満喫して生きてほしかったです。

とにかく、やっぱりいろいろと不満の残るラストでした。(-_-;)


※最終話放映以降、なんだか脱力してしまってTBもろくに貼らずに
いたので、今回≪総まとめ:1&2≫をUPしたこともあり、改めて
お世話になってた処にいくつか貼らせて頂きました。
今更で申し訳ありませんが、ご容赦くださいませ。<(_ _)>
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

お久しぶりです。風海さん。
海慶です。

こちらのブログを知ったのは半年前程でしたが、その間、いろいろ楽しませて頂きました。ありがとうございました。
アスラン大好きな私としては、風海さんのアスラン考察などで、沈んでいた気持ちを浮上させて頂いたりと、いろんな面で感謝したり、考えさせられたりと楽しい時間を過ごさせてもらいました。

結局、ブログを立ち上げつつ、ほとんど運営せず、最終話後、閉鎖に至りました私のブログとも、短い期間ですがリンクして頂き、ありがとうございました。
リアルタイムで見てはいましたが、結局、愚痴しかかけない気がして、最後は放置してしまいました(笑)

最後、あれだけヘタレたアスランが、シンを撃破してくれた所だけ、物語とは関係なく、純粋に喜んだだけで、(「昔は強かったってやつ?」と言われた事を挽回出来たので)ただ、ただ嬉しかったですが、物語としてはどうして、最後にキラが締めるのかやはり理解出来ずに余韻に浸る事もなく、見終わったと言った所です。
「DESTINY」本編で常に中心位置にいたアスランがAA組に行った事で、やはり脇キャラと成り果ててしまった寂しさもありますし、こんな事なら、最初からキラを主役で出してくれれば、文句もなかったのになァと愚痴ってみたり。
私はやはり、デュランダルと対峙する時は、EDの歌の通り二人で、せめて、キラとアスランであの位置にいて欲しかったなと思った次第です。

DVD特典で後日談もあるようですし、まだ終ったとは言えないのかも知れませんが、「DESTINY」感想・考察お疲れ様でした!
また、遊びに伺います~!それでは!
海慶 at 2005/10/04(火) 05:38 | URL

早々にご丁寧な挨拶をどうも有難うございました。m(_ _"m)ペコリ
ブログ閉鎖されてしまわれたのですね。とても興味深い、見事な考察等書かれていたのに非常に残念です。(;;)
まあ、私の方も‥最終話近くになって、感想より自分の萌え優先させちゃいましたけど。(^^;

> 最後、あれだけヘタレたアスランが、シンを撃破してくれた所だけ、
> 物語とは関係なく、純粋に喜んだだけで、

そうですね。完璧立ち直って、本来の強さを発揮してくれたことに関しては、fanとして私も嬉しかったですv

> 私はやはり、デュランダルと対峙する時は、EDの歌の通り二人で、
> せめて、キラとアスランであの位置にいて欲しかったなと思った次第です。

確かに‥ほとんど出番のなかったキラが、最後だけ急に出張ってきて、ラストも一人で美味しいとこ取りっていうのが納得できないのもわかります。
本当にせめてアスランも一緒だったら‥議長とは一方ならぬ因縁深い彼も一緒だった方が何かと説得力あったのに・・・。一度も生身で接触したことのないキラじゃ、ちょっと物足りないっていうか、イマイチ盛り上がりに欠けた感じでした。(^^;

> DVD特典で後日談もあるようですし、まだ終ったとは言えないのかも知れませんが、
> 「DESTINY」感想・考察お疲れ様でした!

DVD特典‥そういえば、SEEDのも結局まだ見てないですね。今度のも見なくてもだいたい内容だけ聞ければ充分なんじゃ‥。(^^; (所詮、DVDを売る為だけの餌に過ぎないようですし‥再生機器すら未だ持たない身としては、複雑なところです)

本当にこちらこそ、根性なしで亀ペースな当ブログをご贔屓にしていただき、いろいろと有難うございました。<(_ _)> 今後もぼちぼちマイペースでやってゆくと思います。またいつでもおいでくださいませ。(^^)/~~
風海 at 2005/10/09(日) 07:26 | URL

TBありがとうございました。
思い出していただけてとても嬉しいです。
何度か覗きにきてました。
妄想の世界・・補完ストーリーはすごいなぁ・・とタジタジでそのまま帰りました(笑)

レイについて・・・自分の記事を見直すと、同じような解釈になっていました。(忘れている・・・汗)
風海さんも、見事な解釈をされているブログの方も、私も、説明不足な本編の中の一滴からそれを拾い上げたものと思います。
本当にもう少しきちんと彼が望んでいる本来の姿と、演じている姿に悩む彼の説明を加えて欲しかったところです。それがないから、「あっけない幕切れ」と書かざる得なくなる、全てにおいてそんな感じの作品でしたね。
たいむ at 2005/12/05(月) 20:56 | URL

> 妄想の世界・・補完ストーリーはすごいなぁ・・
> とタジタジでそのまま帰りました(笑)

おお、読んでくださったのですか? (*^-^*)ゞ(うちのはひたすら
赤面モノですけど‥)どうも有難うございます。(^人^)感謝♪

放映直後はあまりにもやり逃げに遭った気分が強くて、改めて他人様の
感想を読む気になったのも、ひと月以上経ってからでした。(^^;
何もかも中途半端では気がすまない、白黒ハッキリさせたがりなO型の
せいでしょうか?(苦笑)
とりあえず、不可解だったレイの行動をそこそこ納得することが
できたので、少しすっきりしましたね。
同じように感じてくださる方がいらしてとても嬉しいです。(^^)
本当にご丁寧に有難うございました。(゜゜)(。。)ペコッ
風海 at 2005/12/06(火) 21:42 | URL

ご無沙汰してました!
最終話、感想かかないのかなぁ?と密かにおもっていたのでTB嬉しかったですvv
本編終了して2ヶ月が経ったというのにまだ振り回されてる自分がさすがに痛々しくて笑えてきました。
タリアが子供をのこして逝ってしまったのがいまだ残念でなりません。
くりっぷ at 2005/12/08(木) 00:10 | URL

> 本編終了して2ヶ月が経ったというのにまだ振り回されてる‥

ホントに悔しいことに、そのあたりにこの作品の凄さがあるかな~って
思いますね。特に私のような腐女子には、萌えの有無は大きいです。
そこで本日、短所ばかり書き連ねた中で、萌えに関しての記述を
追記してみました。(^^;

一方で、くりっぷさんのDESTINY総括を読ませていただいて、新たに
考えさせられる点もあったので、また少し書かせていただこうかなと。
書き上げたらTBさせていただきますね。(*^-^*)ゞ
本当に有難うございました。<(_ _)>
風海 at 2005/12/09(金) 16:50 | URL

こんばんは。TBありがとうございました。
反応が大変遅くて申し訳ありません。(^^;

というのも、実は私の最終回感想はまだ完結していなくて、続きを書かねば書かねばと思いつつ今日この頃まで来てしまったもので、
後半の感想を書いたらきっちりTBさせていただくつもりですので、少々お待ち下さいましネ。
ええ、例の「FINAL PLUS」までに必ず書こうと思っているのですよ。(ああ、あと1週間だ~)
しばらくは考えるのも辛い時期があったりして、私の中ではやはりまだ少しも結着がついてないんですよね……
われながら痛いですが、もうしばらくは種運命関連のブログ、やめられないなぁと思っています。
小波 at 2005/12/18(日) 18:23 | URL

こちらこそ、時期ハズしまくりなTBでお手数をおかけしました。m(_ _)m

そうですよね。私も主な面々が死ななくて良かったと思いつつ、なんか
釈然としなくって‥終わった当初は感動より何より脱力感の方が強かっ
たものですから‥。(^^;

> しばらくは考えるのも辛い時期があったりして・・

例の脚本家による勘違い発言でしょうか? 作り手がどう言おうと既に
キャラが一人歩きし始めてる現状を把握してない気がしますね。
言った当人が一番勘違いしてるような‥。

とにかく、アスカガに関しては、本編でどんな結末になろうと、納得
いかなければ蹴飛ばして、勝手に脳内妄想するつもりです。(苦笑)
蠍座と牡牛座ですし、別に急がなくとも、ゆっくり時間をかけてお互い
愛を育んでゆけるタイプだと思うんですよね。
私的には5年先、10年先にでも成就すれば御の字だと思っています。
実に気の長い話ですけど、アスランにはそれくらいの忍耐力と根気は
あると思ってるので♪
風海 at 2005/12/20(火) 04:25 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

最終話「最後の力」まず言っておきます…「良かった!」。細かい所はともかく、ひとまず良い終わり方をしてくれたと思います。全部とはいかないまでも、極力伏線回収の努力もしていたし、一応は希望の残る終わり方ですよね。まず登場は、メサイアの議長。
TrackBacked by salty blog at 2005/10/11 13:31

50話「最後の力」感想[1]です。最後の力とは…「明日を望む力」であり、「希望の力」であり、「未来への切望」であり…ということで★ 終わりましたですね。DESTINYDESTINY全体を通すと、「安定供給作品」とは残念ながら行きませんでしたが(でもこれもひとつのアプロー
TrackBacked by Seed Clips Diary at 2005/12/08 00:06

大変お待たせしました。ほんとに今さらですね・・・誰も待ってないかもしれませんが、最終話感想後編です。もう時間もたってしまったので、簡単に行きたいと思います。私が長い間、この最終回感想の後半部分を書けなかったのはどうしてもレイの行動が納得できなかったからで
TrackBacked by 蒼白な月 at 2005/12/24 16:07

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。