「ガンダムSEED DESTINY」のアスランをメインに、独自に血液型考察もやってる管理者が語る、煩悩と妥協まじりのフリートーク♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スキップ・ビート!」33巻を購入♪

このところ恒例の表紙のオビ企画は・・なんか今回ばかりは
激しくハズし気味な感じが・・。(^^;

肝心の中身の方は・・・ヒロイン京子ちゃんと蓮の芝居絡みの
駆け引き‥もとい複雑な恋模様がなかなか面白い展開に
なっていて、「俄然目が離せません」てな感じ♪

さらに勘違い少女による蓮へのミーハーアタックやら、蓮の様子
見にあの御方まで乱入してきて、ますますスリリングな展開に!


個人的には、撮影スタッフの中で、唯一(カイン=蓮である)
事情を知っている監督が、蓮の首筋に付いているキスマークの
ことを聞くに聞けないで、一人悶々とする有り様が一番ツボでした♪

あと、京子ちゃんが心理的に崖っぷち状態で、その有様が
リアル描写されてるシーンや朝食作りながら、いろいろ笑える
妄想を繰り広げてたりするシーンとか♪

そして、とうとう禁断の箱の鍵がすべて壊れて、蓋が全開に!
それでも必死で昔の自分に戻ることを押し留めようとするあたり
がなんとも切ないし、可愛いかったりする。

一方、そんな京子の葛藤を知らない蓮に、カインの演技のまま
突然抱きしめられ、セツカの仮面がはずれた姿をボスに見られ、
京子ちゃん大ピンチ。(>_<)

次回もめっちゃ楽しみです。(^^)

萌え要素急上昇♪ ヴァルヴレイヴ第7話の感想

設定は面白そうでもキャラの魅力がいまいちで正直見続けようか
どうしようか悩んでいたんですよね、先週までは・・・。

しっかし、今回とうとう萌え~~~な要素が♪
≪↓↓↓≫ 以下、ネタバレ注意です。


2013年今春スタートのアニメ

今春スタートのアニメ、うちの方ではノイタミナ枠の「刀語」と「ヤマト2199」
「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」ぐらいしかやってなくて・・。

「血液型くん!」「革命機ヴァルヴレイヴ」などは、ネット配信のを見ています。

「血液型くん!」はキャストがまんまご本人の血液型と連動してて笑えます。
個人的には、O型が石田さんなのが萌え。(笑)
石田さんによる怒涛の超高速早口言葉がなんとも・・。


で、今のとこ、注目してるのは、「革命機ヴァルヴレイヴ」かな。
現在、2話見たところです。

主人公はごくふつーでちとキャラ的に弱い気がするけど、
いきなり≪人間やめますか?≫なところがねぇ・・・なにやら、当初から
ガイバーみたく鬼畜な香りが濃厚で・・。
その後、第1話のラストで、もうあんなことになってるし・・。

2話目の展開もまあまあな感じ。
ラストが再びご愁傷様なことになってるのが・・これはもうお約束って
いうのかな・・もう元には戻れない・・の世界がなんとも。(ため息)


「マジェスティックプリンス」の方は、キャラデザが平井氏ってだけで、
確かにキャラは可愛いのだけど、ストーリィ的にはうう~んなのよね。

「刀語」は、原作が「化物語」の西尾氏なので、話的には面白いかな。
けっこう、「偽物語」も好きだったし。


そういえば、もう終わってしまったけど、「サイコパス」の後半の方の
ED曲がとても好きでした♪

花の詩女 ゴティックメードの感想…ちら見せの妙味♪

とにかく「FSS」とは20年以上に及ぶ長い付き合いだし、
年末の多忙期ではあるけれど、見ておいた方がいいかなと思い、
鑑賞してきました。血液型ブログと共通です。
(映画の感想と永野氏のホロスコープ観となってます)
≪↓↓↓≫

ガイバーとスキップビートの新刊を購入♪

とにかく最近は買う漫画や小説ってのが激減しまくり。
「破妖の剣」や「三千世界・・」など、かれこれ10年以上
買い続けてるのがほとんどで、それも貯まったモールの
ポイントで買っております。(^^;


先日「スキップ・ビート」の新刊を買いに本屋へ行ったら、
すぐ傍にガイバーの新刊を発見、一緒に買って帰りました。
去年の手帳で確認してみたら、ほぼ一年ぶりの新刊でした。

近年のガイバーは、巨大化はするわ、謎の人物は現れるわ、
ヴァルキュリア(以前OAVに登場した女性ガイバー)は出てくるわ、
はたしてこれでちゃんと収拾がつくのか・・かなり不安を感じるほど
突っ走ってる感じなのだけど。

どうもやっぱり、某謎の人物の正体というのは、M氏・・なのかな?
空間転移とかしてるし、アプトムに同じ技を仕掛けるあたり・・。
もはや影武者の域を超えて、本人に成り代わってる感じがするけど。

精神連結されて、中身も混じり合ってるとか・・
ここにきて、なぜあの二人をシラー島へ連れ去ったのか・・・?

ギュオーがあの二人を付け狙うのはわかるけど・・

あ、そうか、ギュオーの手の届かない処へ隔離したのかな。
それならシラー島っていうのもありかも。
今も昔もギュオーの殖装だけは断固阻止!というのは変わって
ないだろうし。


一方の「スキップ・ビート」こちらは早や31巻。前回の東海林さんに
続き、今回はなんと大杉漣氏を担ぎ出してるし。(笑)

内容的には前作でやってたお得意のバイオレンスバトル系の芝居に
なってて・・まあ、いいけど、あまりやりすぎるとそっち系苦手な
一般女子は引くかもね。(^^;

まだまだ先は長そうだし、花とゆめもうひとつの注目作「暁のヨナ」
共々、今後もゆるく生暖かく見守ってゆきたいです。(笑)

激可愛~vv速水真澄♪&今後の「スタドラ」に期待!

今月の「別冊花とゆめ」を見た。
素の男、恋する男全開の速水真澄がなんか可愛いvv
昔から、この人なんか気になってはいたけど・・
この人の恋愛における不器用さはアスランといい勝負だと思う。
素直じゃないけど、変にマメだしな・・
・・だからなのか・・。(苦笑)


あと日曜放送の「スタードライバー」がやっと面白くなってきました。
当初はあのケレン味ありまくりのキャラの言動に、あのゴスエロっぽい
コスチュームが、か~なり微妙~~~~~だったけど・・。

とりあえず、気多の巫女が歌う挿入歌がめちゃ良くて♪

今月になってから、OPが一新されて、
「おお♪ 微エロだ、何気に萌え~♪」
とかね・・このあたりは綺麗なもの好きの魚座オンナの弁。(笑)

同時に凝りまくり・伏線張りまくりの設定などが徐々にストーリィに
反映されだして、期待がいやでも高まってきた感じ。

あの個々の紋章はフェニキア文字なのか。
最近、アニメ誌も読まないし、本放送とメルマガだけが情報源だったから・・
いくつかブログ巡りをしてやっと納得。

ヘッドのサイバディもやっとこ登場してきたし。
隊の名称といい、彼がやっぱりタクトの父親なのかしら・・?
あの石田さんの厭世的、倦怠気味メランコリックな演技がなんとも・・。

その他、最近見てるアニメは「バクマン」「花咲ける青少年」ぐらいです。

Ζガンダムの劇場版&富野氏のホロスコープ雑感。

――― あっという間に年が明けて2011年。
去年は11月あたりから、エコポイントの関係で急遽TVや冷蔵庫を
買うハメになったので、ずっと大掃除と片付けに追われてました。
で、そのままサービス業のサダメ、怒涛の年末年始を経て、やっと一息
というところなのですが、今年は異常に寒くてなかなかPCの前に座れず
にいます。(^^;


先日やっとΖガンダムの劇場版の2・3をまとめてレンタルして見ました。
ずっと見ようと思ってて、カード更新時に2枚分のタダ券もらったので。

う~~~ん、やっぱりストーリィが10段飛ばしになってて、
TVシリーズ見てた人間でもわかりにくすぎ。
ゆかなのフォウはなんとも・・ただ、ラストはだいぶマシになってた。

興味湧いた人は、改めてTVのDVDを買って見てねっていうか、
要するにTVシリーズのセールスもどき。


ついでとばかりに富野氏のホロスコープ出してみたけど、
やっぱりね・・という感じ。≪↓↓↓≫

スポンサードリンク

Copyright © 「ガンダムSEED DESTINY」を血液型マニアが語るブログ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。